妻が不倫をしてるかも?不倫妻の特徴と行動とは

カテゴリ:妻・夫の不倫
2008
2019.3.11

無駄遣いもしないし、家族サービスも十分しているのになぜか妻の行動が怪しく、不倫をしているかもしれない。
どうにか妻の不倫をやめさせたいけど、いい方法が思い浮かばないし、間違えると離婚してしまうかもしれないと、お困りではないでしょうか。
以前までの不倫というと、旦那がするものというイメージでしたが、昨今は働き方や思想の変化により、女性も不倫をしている方が非常に増えてきております。

そこで今回は
・妻が不倫をしてしまう原因
・不倫をしているかもしれない妻の行動
・妻の不倫を放っておくリスク
・妻の不倫をやめさせる方法
についてご紹介していきます。

最近妻の行動がおかしいと思っている方や、最愛の妻の不倫を、どうにかしてやめさせたい方の参考になれば幸いです。

妻が不倫をしてしまう原因とは


妻が根っからの不倫気質ということも考えられますが、多くは旦那との会話やスキンシップの減少が原因です。
ここからは妻がなぜ不倫をしてしまうのか、その原因についてご紹介していきます。

旦那への愛情が冷めきった

付き合っていた頃や結婚当初はラブラブだったのに、いつしかスキンシップや会話が減ってきてはいませんか。
女性はおしゃべりが大好きです。
しかし旦那への愛情が冷めきってしまっていると、会話をしたいと思わなくなってくるので、話を聞いてくれる人が現れると、ついそちらに熱が入ってしまいます。
その延長線上で肉体関係を持ってしまい、不倫をしてしまうのです。
また不倫は通常の恋愛や結婚生活にはないスリルがあり、だれかにバレてはいけないという状況が病みつきになってしまう女性は多いです。

旦那との生活リズムが合わない

共働きをしている家庭の場合、両方とも土日休みの仕事をしていれば会話をする時間はあるのですが、一方が不規則な就業スタイルの場合、なかなかお互いがゆっくりと会話をすることができません。

また休みは家族と過ごすよりも、自分の趣味に没頭してしまうと、夫婦が共有する時間がなくなります。
このように夫婦の生活リズムが合わないと、次第に旦那への気持ちがなくなっていってしまい、自分のことをちやほやしてくれる不倫相手に、どっぷりとはまっていってしまうのです。

性欲を抑えきれないから

男性の性欲は10代から20代前半でピークを迎え、そのあとはどんどんと落ちていきます。
それに引き換え女性の性欲は20代半ばから30代前半にかけてまで続くので、どうしてもお互いの性欲にすれ違いが生じてしまいます。
また出産を機に、旦那側が妻のことを女性としてではなく母として見るようになり、そこからセックスレスになってしまう方も非常に多いです。
性欲のピーク時に旦那に相手をしてもらえないと、妻は他の男性に性欲を発散するようになり、不倫関係となってしまうのです。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!