もう愛人関係はやめたい。不倫相手と上手に別れるコツ

110
2018.10.12


不倫関係が良くないことなんてわかってるけれどやめられない。
いつかやめないといけないな…と思っている不倫カップルは「別れ時」がわからない人も多いのではないでしょうか。
やめられない不倫3つのパターンと不倫関係をやめるコツを紹介します。

不倫関係がやめられない…

やめられないのは中毒性のある恋とは「限らない」

良くないものをやめられないのは中毒とは限らない。

都心でOLをしている独身女S子が不倫男T也と関係を続けてしまうは、単に盲目になっているだけではない。
いつも会ったら彼が家に着く前までに送るLINE。「今日はありがとう!たのしかったよ。またね。」とS子。こんな風に「またね」と書いて実はそう思っていないこともある。楽しかったのは事実。けれど不倫関係は案外ドライで不倫男が家庭に持ち込めない事情を、暗黙の了解のように理解してやる独身女で成り立っている。うまく続いている不倫カップルの関係というのは、これがうまく成り立つ構図。まさにキレイな絵だけ描いて満足する、マスターベーションに近い。

“このままメールの返信が無ければきっと出会わずに不倫関係が自然と終わるかもしれない… ”
S子にとっては不倫男からのメールなんてもう送られてほしくない。仕事に打ち込んで、趣味に没頭して自分なりに相手に執着しないように、ましてや心が乱されて恋なんてしないようにうまくやってきた。だけど、S子の努力も虚しく遠慮の無い他愛の無いメールが送られてくる…。

「◯◯のバーのオーナーって俺たちより若いんだって、知ってた?」

いつだって「別れよう」って言葉のキリフダを持ってこっちは生活してるのに、なんて能天気なメールを送ってくるんだ!不倫をする男のメールはうますぎる。イエスともノーとも送らなくていいようなちょっと女に興味のある話題。男には小気味良いメールを送れる手技がある。
たいていの独身男は「木曜日に会いませんか?」というような「曜日質問型」。すぐに「その日は予定があって・・」と断りやすそうなメールを送ってくる。なのに不倫男は気構えもせずにすぐに会話に乗れそうなメールをしてきて、気づいたら食事をして気づいたらキスして抱かれている。

S子にとってキスの相性もカラダの相性も悪いわけじゃない。会話のキャッチボールだってうまく合ってる。
だけどS子は思っている。不倫カップルはおそらく、別れ話を何度かしていると思う。それなのにこうやってメールの仕方も会うときのタイミングもどちらかというと不倫男側のほうが要領というか手際がよくて、不倫関係が終わらないのだ。

独身女を育てる不倫男

不倫男は器用に独身女を育てる。
不倫男T也が誘う食事はおいしい。独身彼氏は、節約節約で美味しいものを食べに恋人を連れ出さない。将来を見据えて「貯金型」になって保守的になって、女にも安定を求める。そのくせ、美人が嫌いではないし、美味しい食べ物も好きなのだけど。

一方で、不倫男は美味しそうに酒や肴をつつく時間を楽しむ女が好きな上に、人目につかないダイナーを選ぶから(不倫がバレないように)つい落ち着いた美味い店が厳選されてしまう。不倫相手の女は褒めれば女房より素直に喜ぶし、食事の時間も盛り上がる。だからよほど都内でデートをするような不倫カップルにそこそこのうまい店は欠かせない。

これにつきあってしまう女、S子のような女はこうやって、美味しいものを与えられ、会うたびに「かわいいね」と褒めてくれる男の存在が栄養になってしまう。いつまでも男に「きれいだ」と言われたい女になってしまうから、会うとわかる前には美容院を予約して、ネイルをする。それから、下着もできるだけセクシーなものを買いに行く。だけど今日あなたのためにキレイになったの、なんて雰囲気は出さないように汗をかいたりしない。さり気なく髪をかきあげ白い手を魅せる。

不倫なんてカラダだけの関係でしょと言われがちだけど、都会の女にとっては女度を上げてちょっとした贅沢ができる時間なのだ。それは安定主義の独身彼氏には手の届かない優雅な時間。だから、ちょっといい店で会うオジサマと小奇麗な女、そんな関係が不倫関係だっていう話はよくある話、なのかもしれない。

心で繋がりはじめるお金をかけない不倫


相手の心の奥底がわかると「自分だけが相手を理解してあげられる存在なんだ」という特別感が生まれてしまいズルズルとひきずってしまうというのは、不倫カップルによくある話。
不倫関係になりやすいタイプはオモテと裏の顔があるタイプで、会社や他の人の知らない素顔を見せあってしまう気になりやすいから、その安心感が依存のように思えて麻痺してしまう。

世間では器用な男が不倫しやすいと思われている一方、M史のように器用でない男も不倫をする。
職場では部下の面倒見がいい上司のM史だがY美の前では子どものようにワガママを言って困らしたり、Y美が最後に食べようととっておいたお菓子も、M史はヒョイと取り上げて自分の口に運んでしまう。だけど、その分会社では見せない無邪気に笑顔も見せる時間がY美にとってはご褒美だ。
どんなM史のワガママもY美は穏やかな性格でスポンジのように吸収して「そうなんやー」とやんわりと返す。

きっとM史は家で恐妻の前で静かにいうことを聞いていて、ものわかりのいい優しいパパをやってる。そうやって会社と家とのバランスを保っている。Y美は「自分のようにこのひとのワガママを聞いてあげられる場所がこの人には必要なんだ」と思い込んで関係が成り立っている。

二人がつきあい始めたのは2年前。Y美がM史と同じ職場に入社してすぐのことだった。
歓迎会の帰りにたまたま二人になってもう一軒寄った飲み屋で、互いの家の事情を語り合った。
家で居場所の無いM史と夫が不倫をしているY美の家庭。話が弾みいつの間にかその距離を縮めた。
残業と称して何度も知らない町にドライブにでかけた。不倫に使うお金の無い二人。ただ知らない町の夕暮れを眺めながら、この時間がこのまま止まってしまえばいいのにと何度も願っているその時間こそ、言葉はいらない気がしていた。

けれどY美は、この幸せに区切りをつけないと、と何度も決意した。自分にも夫がいる。相手にも家族がいる。いつか、まだわからない不安やトラブルにならないためにも決着をつけなくちゃいけない。
ある時、勇気を振り絞って別れを告げた。
「そうか、そうだよね。Y美も、生活があるもんね。」きっと彼も、おんなじように辛い別れを心のどこかで準備してたに違いない。理解ある言葉の返答に、自分たちはこれから前を向いて歩いていこうと夕日を見ながら決意したのに、別れ際に抱きしめられて終わってしまった。
「いやだよ。別れるなんていやだ。」こんな風に二年の月日が過ぎていった。

不倫相手と上手に別れるコツ


不倫カップルはいつだって脳裏に「別れ」を予期しながら先延ばしにしている。
「奥さん(旦那さん)に悪いから」と言葉のカードを用意しながらそれに変えられない不甲斐なさを「だめな自分」に置き換えて都合よく関係を続けてしまう。

「不倫相手と上手に別れるコツ」なんていうタイトルを書いているけれど、実はコツなんて別れ話をしないことだ。いってしまえば自然消滅。これに限る。これしかない。一番いいのは引っ越して相手に居場所を知られないこと。メールは返信したりしない。完全無視する。気になってしまうかもしれないけれど、時間はかけずに振り切るしか無い。

別れを告げてしまうといけない理由は相手に「大丈夫だ」と説得されてしまったり、別れ話を無視されることがあるから。自分の決意も目先の欲にかられて揺らいでしまうカップルも多い。そうなると、どうして自分が別れたくなったのかを忘れてまた、次の機会を持ってしまう。
だから、不倫相手と別れるときは、説得や余計な計画はいらない。非道と思われてもいい。
これまでこんなに自分のことを大切にしてくれた相手に悪い…なんて思わなくていい。相手の家、自分の家、家族、自分の実家、職場すべてを守ったんだと思いこむことが大切なのだ。

不倫の末路、最悪のパターンを知る。

不倫相手のことを思うと切なくて別れられない…という人はまだ、不倫の末路を知らない人が多い。不倫には幸せな結果が訪れない。明日やめよう。次会ったら「別れの告白」をしようとそれでもまだ思うのなら、想像してみてほしい。実際にあったドン引きの不倫の末路のパターンだ。

  • 別れ話をしたら、相手が自殺未遂をした。
  • 相手の妻にバレて、慰謝料請求をされた。実家にもバラされた。
  • 会社にバレてクビになった。
  • 探偵をつけられて、生活がすべて調べられていた。
  • 慰謝料請求をされたら、不倫相手も手のひらを返すように変貌して、味方になってくれなかった。
  • 慰謝料貧乏になってしまった。
  • 相手は、自分以外にも不倫をしていた。
  • 相手がストーカーになって、自分の人生が生きづらくなった。
  • 婚期を逃してしまった。
  • 自分は流産したのに、彼の家では子供ができた。
  • 自分の味方は不倫相手だけだったのに、彼がいなくなったらひとりぼっちになってしまった。

これが不倫の本当の末路だ。信じていた相手はそれほど頼りにはならないのが現実だ。不倫において自分を守れるのは自分しかいないのだ。裏切られる前に決意を鬼にして自分の人生を生きることを選んでほしい。

メールを見ない生活をする

スマホを見るのが習慣化している人は特に注意したい。スマホを見る生活は相手からのメールをすぐ気にしやすいので、寝転がりながらネット検索やスマホ上の本を読むのは相手を忘れられなくするだけなのでNG。
何事においてもそうだが、習慣化しているものは新しい習慣に変えて体に刻んでいくしかない。
とにかく仕事に打ち込んでみたり、友達に合コンをお願いしたり、外に遊びに出てみよう。楽器を始めてみたり、料理をしたり、マラソンなど手やカラダを動かしたり、脳と体を疲れさせるのが一番オススメだ。

相手のことを嫌いになる努力も必要。

好きになるのは実は簡単なことなんです。
「相手の弱さを知っているから」「かっこいいから」「匂いが好きだから」「体の相性がいいから」など好きのきっかけは人それぞれだけど、実は「好き」のメカニズムは、異性を惹きつけようとするフェロモンや興奮作用のあるドーパミンが影響しているだけだことを冷めた気持ちで思い出してほしい。

じゃあ、どうだったら好きではなかったのか。結婚していたら所詮大していいひとでも無いだろうし、自分にしたように浮気だってしてみせる、クソ野郎だ。好きになるポイントも人それぞれ、ならば嫌いになるポイントもそれぞれに思い込んでみるのもいいだろう。
単なるナルシストなのかもしれないし、家ではクソださい格好してて何日も風呂も入らず部屋なんて虫が飛んでるかもしれない。食事をするときは実は全然会話をする人じゃないかもしれないし、案外今あなたの見ている相手とは違う人を装っている可能性なんて星の数ほどあるものだ。
嫌いになる理由なんてなんでもいい。(テレビを見て「この人苦手だな」という人に当てはめて笑っちゃいましょうよ。)
とにかく、失恋している時間も苦しいんだけど、それはそれで音楽とかが染み入ってしまうわけで、でもできるだけきれいな思い出にしないこと、それが相手をうまく忘れるコツだ。


恋愛が終わる時もそうだけれど、あなたが独身なら次の人を探すのもいい。
彼(女)以上に素敵なひとなんて見つからないなんて思う必要なんてない。言ってみれば独身の相手なんて山のようにいるわけなので、彼(女)以上に素敵な人しかいない。
結婚歴がある人はどこか余裕があるように見える。どうしてもそんな雰囲気の人しか自分が対象と思えないいうなら「バツイチ」や「バツ2」の人を探せばいい。婚姻中のひとをみつけても幸せになれない。それは、あなただけでなく相手もだ。幸せになりたいと漠然と考えるよりも、出会いの機会を増やしてどんな人が一緒にいて楽しいかを一から探してみるのもオススメだ。

嫌いになれなければならなくてもいい。でもやめてみること。


どうしてもどうしてもどうしても嫌いになれない場合はどうしたらいいの?

そんなことをいうひともいるけれど、もちろんそんなものだ。
嫌いになれないならならなくていい。だけど嫌いにならないことで得るものなんて無いのだ。
まず、もしその話しの相談に耳を貸してくれる友達がいるならばそれほどあなたの気持ちに長いこと付き合ってはくれないだろう。だからといってヤケを起こしてもいけない。全てはこの気持ちをジブンだけしかわかってあげられないけれど、ジブンだけしか終わりにもできないのだ。
「絶対にその思いは蒸し返さないこと。くり返さないこと。」それが、相手にとっても「いいヤツだったな」に終わるポイントだ。

不倫をした人間はまたその旨味だけを味わいたがる人が多い。だから「いいヤツだったな」から、時間が経ったら忘れたようにまたメールを送り合ったり、思い出の場所に行って「運命」を感じて合ってしまう。けれど、それは運命ではない。
“いいヤツ”はいいヤツに終われないと負けなのだ。

そもそも、もし運命なら相手は不倫や離婚協議中などといって引き伸ばすように時間を使ったりなどせず、きちんと離婚という形をとって正式にあなたを迎え入れてくれていたはずだ。それにも関わらずこの関係を続けていたのならイイトコドリに過ぎないのだ。

愛人関係は、うれしくて切なくて辛いこと。あなたの辛い気持ちはこのままでは今の状態を続けていたって何も報われない。でも、声を大にしていいたいのは、なにかを理解したり後悔しないと前に進めない生き方はやめてみてほしい。不倫の後悔とは不倫関係をやめてからでもあとからいくらでも理解しうることができる。別れは辛いけれど不倫の末路を味わうより何万倍も幸せだと思う。それが、不倫をしてきて後悔した人たちの「生の声」なのだ。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!