ダブル不倫はどんな理由で終わる?よくある5つのケース

カテゴリ:W不倫
1617
2018.11.15

ダブル不倫がスタートし、ラブラブ期を過ぎると、二人の関係は落ち着いてきます。
そうした安定期に入ると、ふと、「私たち、いつまでこういう関係を続けていられるのかな?」という疑問が湧いてくるようです。

ダブル不倫は、一般的な恋愛と違って「結婚」というゴールがないもの。
不倫でも、片方が独身の場合は、ほかに結婚相手が見つかることで関係が終わるというパターンがよくありますが、両者ともに「結婚」をしているダブル不倫の場合は、そのようなことがありません。
よって、ゴールが見えないことから、「この関係は、いつ、どんな形で終わりを迎えるんだろう?」と疑問に思うようになるのです。

そこで、世のなかのダブル不倫をしているカップルが、どんな理由によって別れを迎えたのかをリサーチしてみました。
そのなかから、別れを考えるきっかけとなった出来事や別れを決意した理由など、よくある5つのケースをご紹介します。

相手が新しい不倫相手をつくる


不倫をする男性のなかには、慢性的に不倫を繰り返している人も少なくありません。
いわゆる「浮気性」と呼ばれる人たちです。そうした男性は、不倫相手に既婚女性を選ぶことが多いようです。
既婚女性なら「奥さんと離婚して、私と再婚して欲しい」と迫られる可能性が低いからです。そうした不倫慣れしている男性は誠実さに欠けています。
もちろん、不倫をしている時点で不誠実であることには違いないのですが、とくに浮気性の傾向がある男性は、不倫に対してまったくといっていいほど罪悪感を持っていません。
そのため、すでに不倫相手がいるのに、さらに新しい相手を探したり、あるいは複数の相手と付き合うことも多いのです。

不倫相手がそのような男性だった場合、新しい不倫相手の女性が現れたことで別れを迎えるケースが多くなります。
その際、男性自ら「新しい相手ができたから別れて欲しい」とカミングアウトすることは少ないでしょう。浮気性の男性は、あわよくば今の相手とも不倫関係を続けていたいと望んでいるからです。
よって、女性のほうが、自分以外の女性の存在に気づくパターンが多いようです。
気づくきっかけは、「彼からのLINEが減った」「彼が自分とは行ったことのないお店の写真をSNSにアップしていた」「家族と過ごしているわけでもないのに、なぜか連絡のとれない時間がある」など。
彼の行動パターンの変化をキャッチして、彼の気持ちがほかの女性に向いていることに気づくようです。
そして、彼が目を離しているうちにスマホをチェックして発覚、あるいは彼を問いつめ、彼が白状するというパターン。

なかには、別の不倫相手の女性から突然「私は彼と付き合っています」という宣戦布告メールが送られてきて、決定的になったという人もいます。
ダブル不倫をしている女性は、自分も既婚者であるため、相手の奥さんの存在には比較的寛容でいられますが、奥さん以外の女性がいると知ったら、深く傷つきます。
そして、男性を信じられなくなり別れを選ぶのです。
このとき、もし、彼が謝って、「ほかの女性とは別れる」と言っても、同じ過ちを繰り返すのが関の山。さらに傷ついて、結局は別れを迎えることになります。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!