男が欲しがる愛人にしたい女、愛人になってしまう女

187
2018.10.16

愛人を作りたい男。愛人なってしまった女。世の中には浮気から愛人まで多くの男女問題が起きています。

男女関係には普通の恋愛からセフレ・浮気・売春・不倫・愛人と様々な呼び名の関係がありますが、愛人関係とは他の不倫や売春などといった言葉とはどう違うのか明確にわからないという人もいるかと思います。

今回の記事では「愛人」をテーマに「愛人とは(不倫や売春との違いなど)」「男が愛人にしたい女の特徴」「愛人になりやすい女性の特徴」「愛人関係で起こる良いことと悪いこと」をご紹介していきます。

愛人関係とは

愛人関係とはお互いが納得した上で肉体関係を結び、男性側もしくは女性側が相手に経済的援助を行う関係です。

よく耳にする愛人関係は40、50代くらいの男性が年の離れた愛人女性に月数十万円援助して代わりにセックスしているというケースです。

男女間のお給料の差がまだまだ大きい日本では、50代くらいの男性が自分の子供と同じくらいの年齢の女子大生やOLに愛人関係を持ちかけ、妻や家族に内緒で愛人ライフを楽しんでいます。

ただ、最近ではスマートフォンやマッチングアプリの普及で援助を受ける女性から愛人関係を持ちかけるケースも増えてきています。

なぜ男と女は愛人関係を求めるるのか、まずは不倫や浮気との違いを見ていきましょう。

愛人と不倫・浮気・売春・セフレの違い

不倫

愛人と不倫の違いが1番わかりづらいかもしれません。愛人も不倫も「夫や妻ではない婚姻関係の無い相手と肉体関係を結ぶ」という点では同じです。
不倫関係の場合、不倫相手との温泉旅行やプレゼントなども男性側がよくお金を出しています。

愛人と不倫の違いはお金のやり取りの部分です。不倫の場合は男性が特別な時にお金を出して旅行やプレゼントとして不倫相手に渡すのに対して、愛人は毎月家賃を出したりと生活費として直接お金で愛人を援助します。

愛人と不倫の決定的な違いは金銭の援助が直接的で定期的に行われているかという点となります。
愛人を募集する掲示板では必ずといって「毎月の援助」についての提示がされています。

売春

男性の売春はセックスがしたくなった時に利用します。売春をする男性の多くはセックスをしたい欲求から女性にお金を支払って肉体関係を結びますが、そこには恋愛感情はなく男性側のただ単にセックスがしたいという気持ちと女性側のお金が欲しいという気持ちがあるだけです。

1回のセックスにお金を支払ったら二人の関係は一旦終わるので継続的にお金の援助を行って肉体関係を結ぶ愛人とは違います。

浮気

浮気は不倫と比べるとわかりやすいです。不倫はどちらか一方が既婚者でありながら他の異性と肉体関係を結ぶことです。

浮気は交際関係に関係なく彼女や彼氏がいながら他の異性と肉体関係を結ぶことです。人によってはキスをしたり手をつなぐというだけでも浮気と考える人もいます。そこには女性側の金銭的な欲求はなく、男として女としてセックスをしたいという気持ちの方が強いです。

セックスフレンド

セフレは恋人関係ではない者同士がセックスをする関係です。お互いの目的がセックスにあるので愛人関係のようにどちらか一方が毎月お金を援助するということはありません。

 

愛人関係をまとめると「定期的にお金の援助を行っている」「肉体関係を持っている」「男女間に婚姻関係がない」となります。

「定期的なお金の援助」が条件なので例えば40代男性と20代女性など愛人関係を結ぶ男女は「年が離れている」傾向にあります。「年が離れている」という点も1つの特徴と言えるかもしれません。

男が愛人にしたい女の特徴

次はセックスがしたい「男が愛人にしたい女の特徴」についてまとめたのでご紹介したいと思います。

肉体的な性的アピールの強い女性

男性はお嬢様のように一見大人しめな雰囲気なのに胸が大きかったり、知的な雰囲気なのに大きなお尻だと「エッチがしたい」「愛人にしたい」と思います。

芸能人で例えると橋本マナミさんや壇蜜さん、北川景子さん、綾瀬はるかさん、吉永小百合さんなどが当てはまるかと思います。

特に愛人にしたい芸能人として男性に人気なのが橋本マナミさんと壇蜜さんです。20代ではありませんが、若い女性にはない色気を持っていますし、男を誘惑するエッチなボディは妻との生活を捨てでも多額のお金を支払って抱き続けたいと思ってしまうくらい魅力的です。キレイでエッチな身体をしているだけで愛人にしたいと思う男性は非常に多いです。男性ってとても単純ですね。

今の例は女性がとても魅力的だったというのが原因ですが、妻とのセックスレスが原因で、別の女性に刺激を求めるケースもあります。某掲示板では「妻とセックスができない」「Hを拒否される」から愛人を募集しているとハッキリと理由に書く男性もいます。

性欲が強く、妻だけでは満足できていない男性は性欲を満たしてくれる相手に愛人を求めやすいです。

特別な才能や特技、職業の女性

例えばピアニストやCAなど普段出会うことのない特別な才能や特技、職業を持つ女性に男性は惹かれセックスをしたいと思います。

普通の女性とは違う職業もとても魅力的に見えるので、テレビタレントやモデルなどもそれに辺ります。ずっと結婚をしていない女性タレントが実は誰かの愛人だったという話は珍しくありませんよね。

なぜ、特別な特技を持つ女性に惹かれるかというと、50代以上の男性はただセックスをするだけのエッチに興味が薄れてきてセックスに価値を見出そうと考えているからです。

なので、このような男性はピアノがプロ級に上手な女性とのセックス、海外を飛び回すCAとのセックスなど女性の才能をセックスと結びつけて愛人との生活を楽しむ傾向があります。

普段は利用しないような高級レストランや高級ホテルにもお金をかけ愛人とのひと時を過ごすというのも何かと価値をつけたいからです。

妻とのセックスに価値が無いわけではありませんが、例えば子作りのためのセックスになってしまったら、それは男女関係を楽しむセックスではありません。
夫婦間の義務的なセックスから逃れるため愛人作る男性もいます。

秘密を守る口が堅い女

男性が愛人関係にしたい女は口が堅い女です。妻以外の女性と肉体関係を求めておきながら勝手な人と思うかもしれませんが、愛人には刺激的な関係を求め、家庭では安心感を得たいという思いが強いです。

自分で結婚し家庭を作った手前、愛人の存在は妻に知られたくないものです。家庭での夫としてのプライドを保つためにも愛人関係を妻はもちろん、周りにペラペラとしゃべる女性は愛人として信頼できません。

周りに愛人疑惑をかけられても軽くあしらえるような女性がいいです。お互い割り切った関係として愛人関係に不安や罪悪感を持たないような人が男が求める愛人としてピッタリです。

愛人とは二人の秘密を絶対にバラさない女性です。

男性として認め褒めてくれる女性

愛人関係を持つ男性の多くは結婚している人が多いです。もちろん独身でお金があって色々な女性と肉体関係を持ちたいという人もいますが、そういった男性は風俗や売春をする傾向があります。

なぜ既婚男性が妻以外の相手に愛人関係を求めるかというと、恋人から夫婦としての関係が長くなればなるほど妻とは家族や夫として関わることが多くなり、妻を女としてみられなくなってしまいます。

さらに子供が出来れば子供中心の生活になることも多く、妻でも女でもなく兄妹に近い家族としてしか見れなくなってしまうということも少なくないです。そうなってしまうと妻からも男として見られなくなっている可能性が高いです。

そういった夫婦関係の方が安心感があって好きだという人もいますが、中には男性としての自分を認めてもらいたいと思う人もいます。

このように「男性として認められたい」と思う男性心理を汲み取って、男としての自分を褒めてくれる女性を男性は望んでいます。

妻に相談しても軽くあしらわれたり、相談できないようなプライドの高い男性にとって、相談ごとを優しく聞いてくれる母性的な女性はとても信頼できる愛人です。

特に経済的にゆとりのあるお金持ちの男性は、お金持ちである自分を他人から認められたいという承認欲求が強い傾向にあります。ごく普通の一般サラリーマンのお給料では愛人関係を結ぶことはできませんが、経営者など経済的にゆとりがあるの人は愛人を持つことができます。

その点でも愛人を持つことがお金持ち男性にとっての1つのステータスとなっています。

 

男性が愛人にしたい女性をまとめますと「母性的な女性」「性的な女性」「特別な特技や職業の女性」「口が堅い女性」となります。

男性にとって、これらすべてが愛人の条件ではなくどれか1つでもマッチすれば愛人にしたい思います。あなたが既に愛人関係を結んでいる人であれば、きっと男性はこれらのどれかに魅力を感じあなたに愛人関係を持ちかけた可能性があります。

愛人になりやすい女性の特徴

ここでは愛人になりやすい女性の特徴をお伝えします。自分には愛人関係なんて想像できないという人ももしかしたら愛人気質を持っているかもしれません。既に愛人関係にある人は自分を知るキッカケになるかもしれません。

特に愛人になりやすい女性は女子大生やアパレル、美容師、エステティシャン、一般企業のOLが多いです。

女子大生は男性経験が少なく素直に男性の話に耳を傾け、瑞々しい純粋な雰囲気は愛人を求める男性にとって人気が高いです。夢を叶えるために上京したが、生活費がかかり中々お金を貯められないという女子大生は、自分の夢のためと割り切って自分の父親くらいの男性と愛人関係を結ぶ傾向にあります。アパレル、美容師、エステティシャンの女性は仕事が不規則でお給料が少なめという点でダブルワークよりも短期間でお金を稼げる割の良い関係として愛人になる人が多いです。一般企業のOLも会社からのお給与では欲しいブランド品や海外旅行にいけないのでお金をもった会社社長や医者と夜バイトのキャバクラなどで知り合い愛人関係に発展することがあります。

職業に分けてみてみましたが、彼女たちにはどんな共通する特徴があるか見てみましょう。

物欲が強い女性

女性は男性のどこを好きになったり魅力を感じるかというと多くは「見た目や性格」と「収入」です。その収入でなにかプレゼントをもらったり旅行に連れて行ってもらったりすると非常に喜びます。逆に見た目もなく収入がない男性には不安を感じて恋愛に別れを告げます。夫の会社が倒産したのをキッカケに離婚する女性はまさにそれです。女性の多くは男性と比べると収入が低いため将来に対しての不安が男性より大きく、男の収入に頼らなければいけないので収入のない男性を切り捨てるのは仕方ありません。

男性が女性にセックスを求めるのに対して女性は物欲を満たすために必要なお金を求めます。

そんな物欲が非常に強い女性は愛人気質の1つといえるでしょう。お金が欲しい、そのお金で手に入れたい物がある。そのために愛人男性とセックスをする。

自分の物欲を満たすためには手段を選ばず、お金を得る効率のいい方法として愛人関係を求める。とても割り切った考え方ができる性格の持ち主でもあります。

女子大生を例にすると、年上の男性と愛人関係を結ぶ理由の1つとして留学費用を稼ぐためというのがあります。女子大生は自分のスキルアップや経験値アップのための夢にお金を使いたいと考えている人が多いです。

OLやキャバクラ嬢の物欲と似ていて自分の経験を手に入れるために愛人関係を利用する傾向があります。自分のためになら恋愛感情のない男性とのセックスもいとわない強い意志で関係を継続させようとします。

なので物欲が強い女性の多くは愛人男性には付き合いの形を求めませんし相手に合わせて目的を遂げようとします。愛人男性にとっても妻とは違い細かいことをいわれないし、嫌味なこともないのでとても居心地がいいのです。

男性との付き合いに大らかな女性は愛人気質のある愛人予備軍かもしれません。
女性側も金銭的に余裕のある男性と一緒にいると安心感があるので包容力のある年上の男性と愛人関係になりやすいです。

男に依存しない女性

私生活のほとんどが仕事でキャリアウーマンのようにバリバリ仕事をしている女性は、経済的にも余裕があり、男性との二人きりの時間に多くを求めてきません。男性に愛情は求めていても相手のことを考えて口に出さない傾向にあります。
そのため相手の男性を束縛したり重い空気になることもないので男性も一緒にいて気が楽な相手と感じます。働いているときと同じように、真剣に男性の話に耳を傾けるため男性は女性を信頼して家庭では話せないことを話したりと関係が深まっていきます。

ぶりっ子が上手な女

芸能人で例えると小林麻耶さんや田中みな実さんのようなキャラクターの女性は、年上の男性に可愛がられる傾向にあります。男性側もそんな女性に頼ってもらえると自尊心が非常に満たされ自分の女にしたいと思うようになります。

ぶりっ子好きの男性は女性に褒められるとその気になってしまう気の多い男性が多いので、他の女と仲良くしているのをみるとぶりっ子女性は他の人に負けたくないという競争心に火が付き、気づいたらその男性と愛人関係を結んでいたということもあります。同性の女性には何が何でも絶対に負けたくないという負けず嫌いな性格も愛人気質といえるでしょう。

コンプレックスをもった女性

過去に学生のときに太っていたとか、胸の大きさを男子に馬鹿にされたという女性は大人になって変わった自分を試したいと思う人もいます。

自分の過去のコンプレックスを愛人関係というステータスで自己肯定したいと思うようです。

そういった女性は過去に言われた身体的なコンプレックスを男性から求められ、代わりにお金を得ることに快感を感じて愛人関係になる傾向にあります。

セックスが好きで特殊な性癖のある女

ただ単にセックスが好きという女性はセフレ、浮気、不倫など様々な関係を選びますが、物欲の強い女性は大好きなセックスをしながらお金を稼げると考えて愛人関係を求めます。

このタイプの女性は興味旺盛で、普通のノーマルセックスに飽きSMや乱交、露出など特殊すぎる性癖を好みます。

特殊な性癖に関しては男性も女性も自分以外の他の人には知られたくないものです。ただ愛人関係は割り切った関係ということもあり最初から性癖を契約の条件として提示している場合があるので、お互いの性癖がマッチすれば愛人契約として成立しやすくなります。

このように特殊で刺激的なプレイとお金を求める女性は条件次第では愛人関係を選ぶ可能性が高いです。

男性は女性に性欲を求め、女性は物欲を求める傾向にあります。関係の継続のためにも女性にとっては割り切った関係の方が楽なのかもしれません。そういった考えを持つ女性は十分に愛人としての気質があるといえるでしょう。また性的な関係が好きな女性や負けず嫌いな女性に比べて目的意識がはっきりとしているので一度愛人関係に陥ると目的の達成まで関係を切れないという面もありそうです。

愛人関係で起こる良いことと悪いこと

お給料の数倍以上のお金が貰える

愛人関係を続けることで定期的に数十万というお金を受け取ることができます。ひと月のアルバイト代の3ヶ月以上を毎月数回会うだけで手に入れることができるのでとても効率がよく、スグに欲しいものが手に入るメリットがあります。
もしセックスが気持ちよく好きという人であれば、とても割の高いいいお金稼ぎとなるでしょう。

男性側は、妻とは違う自分好みの女性とセックスができる刺激的な経験をすることができ、デートも楽しめます。
お金さえあればこの関係を永遠に続けたいと思うようになるでしょう。

旅行やプレゼントなど高級な体験ができる

自分が貰えるお給料とは別に愛人の男性から様々な体験をさせてもらえます。例えば国内旅行、もっと豪華にいけば海外旅行もいけるかもしれません。他にも高級ブランドバックや高級料理を楽しむこともできます。

男性側も愛人がいなければ経験できなかった若い女性の流行りも知ることができ、今の愛人との関係が終わっても次の愛人との関係が上手くいくようになるかもしれません。

女性は未知の経験ができ、男性は若い女性との経験と男性としてのモテ力が増す非常にいい効果があります。

そんな愛人関係の良いことを書いてみましたが、この秘め事が公になってしまったら待つのは地獄です。

愛人関係がバレる

秘密はいつかバレてしまう可能性があります。妻にバレてしまえば離婚問題となって慰謝料の請求に頭を悩まされる可能性もあります。
会社にバレれば最悪解雇されてしまうかもしれません。経営者であれば取引先や社内社員からの信頼を失うことになるでしょう。

女性側は妻から訴えられて社会的制裁を受ける可能性もあります。愛人関係がバレた時のリスクは非常に高いです。

愛人を妊娠させてしまう・妊娠させられてしまう

愛人を妊娠させてしまったら男性側は中絶させないと愛人関係の継続が終わってしまったり、女性側は勤めている会社にいれなくなったりします。
産む選択をすることになれば愛人男性との認知問題も考えなければいけません。
金銭的に余裕のあった状況が子供を産み育てる責任に変わってしまいストレスを感じて鬱になってしまうかもしれません。

愛人関係がうまく継続している間はいいですが、突然降りかかるリスクは2人の人生が修復不可能になるくらい大きいことを認識しておきましょう。

まとめ

愛人とは男と女の欲がはっきりしていて契約として行われる特殊な男女関係です。
お互いの欲求を優先して正直に行動をしてしまう男女が愛人関係に発展してしまう傾向にありそうです。

ただ、割り切った関係とはいえ既婚者であれば相手の妻や夫に迷惑をかけているのも事実です。バレた時や妊娠してしまったときには今までの刺激的な付き合いが激変するほどの修羅場が待っているでしょう。
会社や家族、知り合いに愛人関係がバレてしまうと状況がさらに厄介になってしまい悪者扱いをされてしまう可能性が高いです。

バレてしまった時のリスクは人生が壊れるほど大きいと認識して、愛人関係や不倫関係ではない健全な恋人関係や婚姻関係を求めていくほうが先々いいかもしれません。

既に愛人関係を結んでいる人も今の刺激的な幸せを楽しむだけではなく、お互いの幸せについて一度考えて愛人関係を続けていくか止めるかを考えてみましょう。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!