新宿ホストが教える「女の子との上手な別れ方」について

117
2019.1.17

「価値観が合わなくなってきた」「気持ちが彼女に向かなくなってきた」など、付き合っている女性と別れを考える瞬間は誰にでもあるでしょう。
しかし、別れ話も上手に切り出さないと、後になってもめる原因になる事も。
実際、傷害事件やストーカー行為に走ってしまう女性もいるため、決して他人事ではありません。

今まで付き合っていた彼女に十分に納得をしてもらった上で綺麗に関係を終わらせるのも、彼氏としての大事な役割。
そこで「別れたくても彼女がどうしてもokしてくれない!」とならないように、上手な別れ方を紹介します。

別れ話をする前の段取り


別れ話をするにもタイミングがあります。
昨日まで普通にデートして夜も一緒に過ごしていたのに、今日になって急に別れ話を切り出されても、普通の人なら納得ができなくて当然です。
そこで、女性は男性に比べて「察する能力」には長けているので、まずはこの点を上手く使いましょう。

(1)徐々に連絡の頻度を減らしていく

まず、徐々に連絡の頻度を減らす事で「何かあったのかな?」と思わせて伏線を張ります。
急に音信不通になりフェイドアウトをすると、面倒な話をしなくて済むので非常に楽ですが、返って話をこじらせる要因を作ることになります。
下手をすると彼女の心配が怒りに変わり、ストーカー化する可能性もあるため、お勧めできる方法ではありません。

事前に彼氏の態度の変化に気が付いていれば、その後の話もなんとなく察する事に繋がります。

(2)共通の友達に相談する

別れも視野に入れて二人の関係を考えている事を共通の友人に相談し、それとなく彼女の耳にも入るように事前工作をします。
ポイントは「別れたいんだけど、どうすればいいか?」と直接的な話はせず「彼女は嫌いではないけど、ここまま付き合っていても正直、明るい未来がイメージできない」というニュアンスに留めておくこと。
二人の将来を真剣に考えた結果、最善の選択が「別れる」だったとなれば、お互いに非を感じることはないでしょう。

(3)気持ちを再度整理する

長く付き合っていたり、友人の紹介で知り合った女の子の場合、情が残っていたり、その後の人間関係を考えると躊躇してしまう事があります。
また、彼女が「別れたくない!」と感情的になった場合、その勢いに流されてしまい別れ話が長期化する恐れも…。
そうならないためにも「別れたい」という気持ちがブレないためにも、その理由や背景を何度でも確認しておきましょう。

気持ちの整理がつかないまま話を進めても、彼女を納得させることは難しいです。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!