浮気を踏みとどまる方法とは?既婚者なのに恋をしてしまったあなたへ

532
2019.2.21

夫がいる身でありながら他の男性を好きになってしまったということは誰にでも起こりうることでしょう。
人を好きになる気持ちはコントロールができないものですし、それ自体はいたって自然な感情であると思います。
しかし、だからといって不倫に走っていいかというとそれはまた別の話。

なぜなら不倫はリスクを伴うからです。
離婚のリスク、不倫相手に迷惑をかけるリスク、まわりの人から非難されるリスク、大切な人を傷付けるリスク、数多くのリスクを抱えることになります。
最近ではより一層不倫についてのニュースなどが頻繁に報じられるようになりました。
不倫はよくないという意識はあるものの、日本国民の不倫へのハードルが下がってきていると言えるでしょう。
それでもやはり不倫は避けるべきことです。

そこで今回は、既婚者だけど他の人を好きになってしまった場合の「浮気を踏みとどまる方法」についてみていきましょう。

浮気は相手を傷付ける行為であることを認識すること


正直、既婚未婚問わずまわりの女性で浮気をしたことのある人の割合はとても高いです。
もちろん交友関係などで大きな違いはあるとは思いますが、少なくとも私のまわりは多いと言えます。
そんな女性の多くは「彼が浮気したから仕返しをした」「寂しかったから」「本命がいるからこそ遊べる」という理由から浮気に走っていました。
相手に浮気をされたから仕返しをしたという理由はまだ理解できなくもありませんが(個人的には時間と労力の無駄だとは思いますが)、それ以外の理由については完全に自分のことしか考えていません。
寂しさを感じていたなら他の男性との浮気に走るよりも彼に訴えるべきでしょう。
他の人と遊びたいのであれば彼とは別れるべきでしょう。
あまりにも安易に別の男性に寄りかかることで問題解決を図ろうとする人が多いですが、浮気で問題はなにも解決しません。
浮気は、単純に彼氏や夫の気持ちを裏切り傷付ける行為でしかないということを認識すべきです。
付き合うということも結婚するということも決めたのはあなたであるし、その決断には責任を持つ義務があります。
そしてその選択の相手に選んだ人はあなたにとって大切な人であるはずです。
浮気は自分にとって大切な人の心を傷付ける行為に他ならないという認識を持っていれば安易に浮気に流されるようなことはないでしょう。

当たり前なんてないことに気付くこと


好きな人ができて、付き合って、結婚して…多くの人が当たり前のように行っていることですが、本来これは奇跡的なことです。
星の数ほどいる異性の中で相手と出会い、お互いが好きになり、一緒にいるというのは当たり前のことなんかではありません。
そのことを実感していないから、とりあえず他に誰もいないから付き合うとか、相手と向き合う前に簡単に別れを選択したりするのです。
価値観や考えは人それぞれ異なるため強制をするつもりはありませんが、もっと今の縁に感謝をすることができれば自然と浮気をするという考えはなくなるはずです。

自分にとっての当たり前は当たり前ではないということ、また、当たり前と感じられる環境に感謝の気持ちを持つこと。
いまいちどあなたが手に入れた奇跡をかみしめてみてください。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!