別れたいと不倫相手に言われてしまったときにすべき3つの行動

2038
2019.1.5

不倫相手から突然別れを告げられたら、すぐに受け入れることができないので困りますよね。

親や友人に相談することもできませんし。

ただ不倫を続けていくとはリスクが高いですし、普通の恋愛に戻ることが出来なくなる可能性があるので、そのまま別れてしまった方が良いことが多いです。

そこで今回は、別れたいと不倫相手に言われてしまったときに、すべき3つの行動についてご紹介いたします。

・自分の気持ちを確認する

・再度不倫のリスクについて考える

・別れを受け入れた後にすること

本記事は不倫について誰にも相談できなくて困っている方や、別れを受け入れられない人にとって参考となれば幸いです。

1.自分の気持ちを確認する

不倫相手から別れを告げられたら、別れたくないからと駄々をこねたり、相手を困らせるようなことをしたりする前に、自分の気持ちを確認してみてください。

冷静に考えてみると、その不倫相手でなければいけない理由や、別にリスクのある不倫を続けていかなくても良いことがわかるかもしれません。

・相手に情があるから別れられない

不倫相手の家庭状況があまり良くない場合や、仕事が辛い時に側にいて支えてくれた。

などの情が残っていると、別れたくないと思ってしまいます。

しかし情だけで不倫を続けていくのは、あまりにもリスクが大きいので今すぐ別れた方が良いでしょう。

不倫が長くなれば長くなるほど、相手に情が入ってしまい、抜け出せなくなってしまいます。

またあなたが好きでも、相手はあなたのことを当時のように好きだと思っていないことも。

不倫を続けていくことが怖くなって別れを切り出した場合は、あなたのことが好きだったり情があったりとしますが、すでにまったくない可能性も考えれらます。

いまあなたのことがどれくらい好きかを、パーセントで聞いてみましょう。

数字が低い場合は、あなたへの思入れがないと判断できますので、素直に別れを受け入れられるでしょう。

・寂しさや孤独感があるから

既婚者は自分の家庭を持っているので、未婚者のようにガツガツとしていませんし、大人の余裕を持ち合わせています。

その大人の魅力であなたのことを癒してくれたり、寂しいさを紛らわせてくれたりします。

しかしその寂しさや孤独感を癒してくれるのは、本当に不倫相手だけでしょうか?

いまは不倫相手に夢中になっているのでわからないかもしれませんが、未婚者で不倫相手よりも素敵な相手はこの世の中にたくさんいます。

わざわざリスクのある不倫をしてまで、寂しさや孤独感を埋め合わさなくても、他の相手でも満たすことができます。

寂しさや孤独感を埋めるためだけに不倫相手と付き合っているなら、別れを告げられたタイミング別れましょう。

・金銭面の援助をしてもらっている

長年付き合っていた不倫相手から、生活費を援助されていたのであれば、別れてしまうと生活に困りますよね。

別れたくない気持ちもわかりますが、あなたの今後を考えると素直に別れを受け入れた方が良いです。

また生活費の大半を不倫相手から援助してもらっている場合は、あなたが今後生活していけなくなる可能性があるので、今すぐにでも別れた方が良いでしょう。

不倫相手から突然音信不通になってしまえば、もちろん生活をしていけなくなりますし、年齢が高くなってきてからだと働き口を探すのは大変です。

今まで仕事をろくにしていない場合、就ける仕事は簡単な仕事や力仕事ぐらいしかありませんので、給料は安く、体を壊してしまいます。

・遊びとしか思っていない

体の相性が良かったり不倫のスリルが楽しかったりと考えている人は、その不倫相手ではなくても、他の人でも良い場合がほとんどです。

不倫相手以外にもほかの既婚者はたくさんいますし、未婚者も多くいます。

不倫を長くすればするほど相手のパートナーにバレる危険性が高くなりますし、情が移ってしまい、ダラダラと続けてしまうことも。

別れを切り出されたタイミングで相手は危機感を感じているのかもしれませんし、あなたに対して興味がなくなってしまったのかもしれませんので、素直に別れましょう。

出会いがなくて困っている人は、SNSやマッチングアプリを使えば、すぐに新しい人を見つけることができるので、わざわざリスクのある不倫を続けていく必要もないでしょう。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!