不倫中の既婚男性が離婚に踏み切れない理由とは?

カテゴリ:浮気・不倫
1403
2019.5.19

「妻とは離婚する。」
この一言が本気であるかどうかは本人にしか分からないことですが、実際に離婚に踏み切るというのはなかなか大変なことです。
既婚男性と不倫恋愛中の女性からしたら「本当に離婚する気あるの?」「いつまで待てばいいの?」と不満や不安が募るでしょうが、一度結婚した相手と離婚するというのは未婚者が思うよりもハードルが高いものなのです。
そこで今回は「不倫中の既婚男性が離婚に踏み切れない理由とは?」についてみていきましょう。

妻に対する情がある


「離婚をする」という気持ちがあったとしても、相手は一度は生涯を共にすると誓った相手。そんな妻に対して何の情も湧かないという男性の方がおかしいかもしれません。
情の正体が恋や愛ではないとしても、短かろうか長かろうが夫婦として過ごしたという歴史は残りますし、人の感情というのはそう簡単に割り切れるものではありません。
特に男性は女性に比べて未練がましいこともあり、「好きという感情はなくなったとしても離婚を切り出すのは…」と躊躇してしまう人も少なくありません。
離婚するにはそれ相応の理由も必要ですが、正直に「他に好きな人ができた」と伝える人は意外と少数派です。スムーズに離婚をするには相手に納得してもらう理由が必要だからです。
妻を嫌いになったわけではない場合は特に、情が勝ってなかなか切り出すことができないというケースに陥りがちです。

まわりの目を気にしている


祝福してもらったり、結婚式に来てもらったり、夫婦でお世話になっていたり、結婚というのは当人だけの問題ではなくまわりの人にも何かしらの関係があることがほとんどです。
離婚をするということはすなわち結婚に関わった周囲の人も巻き込むということ。
批判や非難だけでなく、何よりまわりの人に迷惑をかける可能性があると離婚することを躊躇してしまうことも多いようです。
特に結婚のときにお世話になった人がいるほど、離婚へのハードルも上がります。
また、「顔向けできない」「どう説明したらいいか分からない」と妻側の両親への対応を考えて胃が痛くなる…という人も。
夫婦間の話し合いだけですんなり離婚が進めばいいですが、実際は両家の両親やまわりの人などへの説明も必要になってきます。
そういったまわりの人への影響も離婚を進めるための大きな課題となっています。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!