妻に不満はないけど浮気する男性の心理とは?

カテゴリ:浮気・不倫
9249
2019.5.17

ときめきが欲しい


夫婦生活も長くなれば、段々とお互いにときめくことも少なくなってきます。
恋愛としての感情は3年しか続かないという説もあるように、恋人関係のドキドキから家族としての安心・安定に気持ちが変化してくるのです。
もちろん家族であることの安心感は大事なことですが、「異性にドキドキしたい」「ときめきを感じたい」というのは男女ともにいつまでも心のどこかで持っている感情であると言えるでしょう。
「妻のことは家族として大切に思っている。でもときめきたい!」と、恋愛をしているときのドキドキ感を求めて浮気に走る人も少なくありません。
「仲良しだけど異性としてのドキドキがなくなっている」という状態になっている夫婦は要注意です。
いつまでも相手にときめいてもらえるように、身だしなみに気を遣ったり、体系維持に努めたり、女性らしさを保つようにしたり、家族になってもいつまでも一定の緊張感を持ち続けることが大切です。

恋に落ちてしまった


浮気をする男性の中には、純粋に恋に落ちてしまったからという人もいます。
「不倫は所詮遊び」「結局は妻の元に帰る」とはよく言われますが、本当に恋をしている不倫恋愛中の男性というのは世間で思われているよりずっと多いのです。
むしろ、私のまわりでは遊びで不倫をしている男性の方が少ないように思います。
男性はそこまで器用な生き物ではありません。よっぽど遊びなれているか良心がない男性以外は、大抵不倫相手に本気で恋をしています。
どちらが遊びでどちらが本気ということはなく、家庭は家庭で大事だし、不倫相手のことも本気で好きという男性がほとんどです。
「妻に不満はないから浮気をする理由なんてない。でも恋に落ちてしまった。」というのが多くの不倫恋愛中の男性の心理だと言えるでしょう。

おわりに

男性が浮気をするのに大きな理由なんてないのかもしれません。
癒し、ときめき、セックス、恋する気持ち、自分を必要としてくれる存在。その男性が求めているものが目の前に現れたとき、そこにストンと気持ちが落ちるのでしょう。
浮気をされないためには、夫が求めているものを妻が満たすことです。
結婚をして夫婦になったということは、相手を常に満たし、自分も満たしてもらうということ。お互いを満たしあえない相手なのであれば、一緒にいる意味はありません。
仲もいいし不満もない状態で浮気をされるというのは、不仲の状態で浮気されるよりもよっぽど危機的状況です。「マイナスはないけどプラスもない」状態だからです。
夫婦なのにそんなむなしい関係にならないよう、浮気する男性心理をしっかりと理解して、ずっとお互いだけを見つめあえる夫婦を目指していきましょう。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!