浮気夫とは離婚したほうがいい理由

カテゴリ:浮気・不倫
208
2018.12.21

「仮に夫に不倫をされても意地でも別れない」という女性は一定数存在します。

「何度浮気されても好きだから絶対に別れたくない」という気持ちであればまだ納得はできますが、意地でも別れないと言う女性の多くは、夫だけが幸せになるのが許せないという理由からそう主張しています。

しかし、果たしてその意地は本当に正しくてあなたのためになるものなのでしょうか?それが逆にあなたの精神と幸せをすり減らすことになってはいないでしょうか?
不倫した夫を許せない気持ちは分かりますが、相手の未来を邪魔するために婚姻生活を続けるというのは賢明な判断とは言えません。

そこで今回は「浮気夫とは離婚した方がいい理由」についてみていきましょう。

他人の不幸を願うのは負のエネルギーを使う


「あの人だけ幸せになるなんて許せない」
「たとえ仮面夫婦でも、彼が不倫相手の元に行くのが邪魔できるならそれでいい」
「許したふりして熟年離婚する」
「絶対に離婚なんかしない。不倫相手に夫婦関係の強さを思い知らせてやる」

そんな風に夫の未来や不倫相手との将来を邪魔するために夫婦関係を継続することは、自分の身を削る行為です。

復讐に夢中であったり、どんなに惨めだとしても夫が不幸ならそれでいいという考えであったりすると、その瞬間は気付かないかもしれませんが、確実にそして着実にあなたは自分自身を壊し続けています。
人の不幸を願うということは想像している以上に負のエネルギーを使うものです。

もし意地で離婚をしないという選択をしているのであれば、あなた自身のためにその意地は今すぐ捨てた方がいいでしょう。
あなたと一緒にいることで夫が不幸になるということが復讐だなんて、あなたという存在が可哀想すぎます。そしてあなたを可哀想にしているのは、あなた自身の無意味な意地です。
不倫されたことが可哀想なのではありません。
不倫されて、離婚をしないことで相手を縛り付けようという考えを持つあなたの不自由さが可哀想なのです。

相手の不幸を願いながら過ごす時間と、あなた自身の幸せのために懸命に前を向いて歩く時間。同じ時間であっても密度も幸福度も全く違います。
どちらがあなたにとっていい時間なのかは言わずもがなですよね?
意地や相手への嫌がらせのつもりで離婚をしないという選択をするのはやめましょう。

夫を許せないのであれば、きっぱり離婚した方があなたのためです。
夫があなたを裏切ったのは事実であり、そんな夫を許せずに黒い感情を持ったまま一緒にいることはあなた自身を傷付けること。
最大の復讐は、あなたが夫といるときよりも幸せになることです。

環境は覚悟次第で変えられる


そうは言っても、「子どもから父親を奪えない」「せめて子どもが大きくなってから」「専業主婦だから離婚は無理」などと、現在の状況を言い訳にして離婚をしない女性も多いです。

しかし、現状は離婚しないことの理由にはなりません。今の状況を理由にしているのであれば、それは離婚できないのではなく、しない選択をしているだけです。
確かに子どもがいるのといないのとでは離婚のハードルの高さも変わるでしょうし、子どもの気持ちへの影響も不安でしょう。専業主婦であるのと共働きであるのとでは、経済状況も変わってくるでしょう。

それでも、世の中には小さい子どもがいようが、専業主婦で稼ぎが少なかろうが、離婚をして立派に生活している女性はたくさんいます。
彼女たちは離婚して幸せになると自分で決めたからです。決意をした女性は誰よりも強いのです。

「離婚をする=子どもが不幸せになる」という法則なんてどこにもありません。あなたに自信がないからそう感じるだけです。
むしろ親が自分のせいで我慢をしながら一緒にいると感じる方が子どもの心理には悪影響です。
「今まで専業主婦だったから社員で働けるところなんてない」というのはあなたの思い込みです。やる気と覚悟があれば未経験で社員になることだってできます。

全ては自分自身の覚悟ひとつです。

環境のせいで離婚できないというのは大きな間違いであり、言い訳をしているうちはいつまでも「こんなはずじゃ…」と思いながらも仕方なく結婚生活を続けていくことになります。
人生は一度きりしかないのに、そんな無駄な時間を過ごしている場合ではありません。

子どもが大切なら、その子どもに親であるあなたが最高に幸せである姿を見せましょう。
惰性で夫と一緒にいる空間に子どもがいても、その子は夫婦に理想なんか抱けません。逆に母親一人であっても、その母親が幸せそうであれば子どもがひねくれることはありません。

たとえ時間がかかっても困難にぶつかっても、あなたが覚悟と自信を持って選んだのであれば、必ず道は開けるはずです。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!