不倫から略奪したら同じ目に合うというのは本当なのか?

カテゴリ:浮気・不倫
175
2019.5.13

既婚者と不倫をしている女性のなかには、最終目標は相手を今の配偶者から奪うことであるという人も多いでしょう。
しかし世間ではよく「略奪すると同じ目に合う」「浮気をする人はまた繰り返す」「結局は家庭があっても裏切ることができる薄情な人」などという声が大半で、略奪に対して肯定的な意見はほとんど聞かれません。
「いくらまわりから反対されても好きなものは好き」という恋心と、「本当に大丈夫かな?私もいつか浮気されるのかな?」という不安のはざまで揺れ動く不倫女性も少なくありません。
そこで今回は「不倫から略奪したら同じ目に合うというのは本当なのか?」についてみていきましょう。

浮気に対するハードルが低いのは事実


何事も、経験がある人とない人とでは、ある人の方がその物事に対してハードルが下がるというのは当然のことです。
例えば、海外に行ったことのある人とない人とでは海外渡航に対して感じるハードルは異なりますし、一人カラオケをしたことのある人とない人とではお店で「一人です」と伝えることへのハードルは違うでしょうし、起業経験のある人とない人とでは会社を興すことに関してのハードルの感じ方は180度異なるでしょう。
このように、恋愛じゃなくてもなんでも、ある事柄に関して経験したことがある人とない人とでは一歩を踏み出すまでの心構えやハードルが変わってきます。
そして一般的には経験のない人の方が保守的な思考になる傾向にあります。
経験者は「やってみたら意外となんてことなかった」「一回やってしまえば大丈夫」と、経験したことによって”慣れ”を感じるようになります。
浮気に関しては慣れられたら溜まったものではありませんが、しかし原理は同じことです。
不倫をしている既婚男性が”家庭がありながら別の女性と浮気をしている”というのは紛れもない事実。
いくら不倫相手への気持ちが本気だろうが、今まで真面目に生きてきて初めての浮気であろうが、浮気は浮気です。
その時点で、浮気に対するハードルは今まで浮気をしたことのない男性よりも必然的に下がっているのです。
そのため、仮に全くの同条件で目の前に浮気のチャンスが転がっていたとしたら、不倫経験者の男性と一度も浮気をしたことのない男性では、前者の方が浮気をする確率は上がるということなのです。
多くの人が「浮気をする人は繰り返す」「略奪したら同じ目に合う」と口にするのはこのためです。
略奪をしたら必ず同じ目に合うというのは短絡的すぎる結論だとは思いますが、リスクは高まるという認識は持っておいた方がいいでしょう。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!