不倫から略奪したら同じ目に合うというのは本当なのか?

カテゴリ:浮気・不倫
2586
2019.5.13

結婚に対する特別感は薄れている


元々男性は女性に比べて結婚願望があまりないため、一度結婚を経験している男性は結婚に対する特別感は持っていないと思った方がいいでしょう。
仮にあなたが、好きな既婚男性が今の配偶者と別れて自分と家庭を持つことを望んでいたとしても、結婚を経験し、なおかつ他の女性と不倫をしている男性にとっては家庭を持つことは第一優先事項ではありません。
そもそも今現在不倫をしている既婚男性も、不倫をするつもりで結婚したという人はほとんどいないでしょう。
「この人と一生一緒にいる」「彼女を幸せにする」と思って結婚をし、その愛がずっと続くと思っていたはずです。
しかし共に時間を過ごしていく中で徐々にすれ違いが生まれていき、他の女性との不倫で満たされない気持ちを埋めているわけです。
「妻に不満はない」「家庭は円満」と言いながら不倫している男性もいますが、家庭円満で不満はなかったとしても幸せではないはずです。心から幸せを感じていれば、不倫なんてするわけがありません。
つまり不倫をしている既婚男性は、”家庭があっても妻や子どもを裏切る薄情な人”というより、”家庭に愛を見つけられずに他の女性に求めている人”です。
そしてそれは「結婚したい」という気持ちよりも純粋に「自分を必要としてくれる人と一緒にいたい」という気持ち。
結婚を既に経験している分、満たされない結婚生活よりも純粋に幸せと感じられる時間を過ごすことに重きを置いているのです。
女性は結婚願望が強い人も多く、先の約束を確約したがるため、どうしても相手の男性との将来に目を向けがちですが、男性にとってはそれはあまり興味のないこと。
不倫恋愛中の既婚男性が不倫相手との将来の話をしたがらなかったり前向きでないのはこのためでしょう。
つまり、結婚に対しての期待値や特別間が薄れているため、形式上の結婚生活よりも自分の幸せを優先する思考になっており、略奪しても再度浮気する可能性が高くなるというわけです。結婚を経験したからこそ幸せの基準が変化したと言えるでしょう。
略奪をしたいと思っている女性は、この男性心理を逆に利用すると効果的です。
「いつになったら奥さんと離婚するの?」「私との将来を考えていないの?」と未来のことを盾に問い詰めるのではなく、ただひたすら相手の男性にとって幸せで満たされる時間を提供し続けることが略奪への近道といえるでしょう。
そしてもし相手の男性があなたと一緒にいる未来を選択した場合は、同じことの繰り返しにならないようにきちんと彼が求めている幸せを提供し続ける決意を持つことが大切です。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!