夫が妻を女として見れなくなる理由

カテゴリ:結婚
15405
2019.2.17

夫が不倫をする理由として、「妻を女として見れなくなったから」というのは常に上位を占めています。
セックスを拒否されている、夫が冷たい、不倫されている、その多くは夫が妻を女性としてれなくなったことが原因なのです。
そこで今回は「夫が妻を女として見れなくなる理由」を挙げてみました。
自分自身に当てはまる項目がないか、一度胸に手を当てて問いかけてみてください。

見た目に手を抜く


常にすっぴん、髪もプリンでぼさぼさ、服も適当、夏しか脱毛しない。そんな手抜きをしていては女性としての魅力を失ってしまうのも当然です。
当然なのに、結婚すると安心してそうなってしまう女性の多さには驚かされます。
家の中にいればすっぴんなのは普通のことですが、ちょっと近所に買い物に行くとか散歩に行くという場合でも外出モードになる意識は忘れない方がいいでしょう。
すっぴんマスクで髪もセットせずに出かけようとしたり、パジャマの上に上着だけ羽織ったり、そういったところからどんどん女として見られなくなる原因になります。
「ありのままを好きになってくれる人がいい」「頑張らなくてもいい相手がいい」「全てを受け入れてくれる人がいい」というのは女性がよく口にするセリフですが、ありのままと女性である意識を忘れることはイコールではありません。
頑張らないことと身だしなみを整えないこともイコールではないし、全てを受け入れることと女性として受け入れることもイコールではありません。
女性としての意識が薄くなってしまうと、外で会う身だしなみばっちりの女性との不倫に走ってしまう可能性が高くなりますので要注意です。
家の中で常にフルメイク、髪のセットもばっちり、いつでも外出できるような服装でいるといった必要はありませんが、いつまでも女性として見てもらえるように意識を保つことを心がけましょう。

結婚してから太った


結婚したばかりの頃は結婚式に向け人生で一番痩せたという女性も多いですよね。
結婚式を済ませた友人にしばらく経ってから会うと「あれ?太った?」と感じるというのは、もはやあるあるではないでしょうか。
人生で一度(あるいは二度?三度?)の晴れ舞台に向けて調整した体重をキープするのは難しいかもしれませんが、明らかにまわりの人から見て分かるような体重増加は危険信号です。
まわりから見てそう感じるのであれば毎日一緒にいる夫はより感じているはず。
実際に「最近嫁が太って女じゃなくなった」「家でどーんと寝っ転がってると萎える」という既婚男性の愚痴を聞いたことも少なくありません。
必ずしも太ったからといって女性として見られなくなるわけではありませんが、太ったことを気にしない姿勢は、女性としての魅力を欠く要因となり得るでしょう。

いつも同じ格好ばかりしている


女性としての魅力は、ファッションも大事な要素になります。
家の中での部屋着がボロボロであったり、何年も同じものを着ていたり、数ヶ月間同じ服を着ていたりすると、清潔感に欠きますよね。
家だからと油断しすぎず、相手から見てどう感じるかという視点は常に持っておいた方がいいでしょう。
また、外出の際にいつも同じような格好をしていないかどうかも注意したいところです。
できるだけ体型が分からないようなふわっとした服ばかり着ていたり、色気のないジーパンばかり穿いていては夫をドキドキさせることはできません。
体のラインがはっきりでる服や、女性らしいスカートを穿くなど、たまにメリハリをつけることは非常に大切なことです。
そのために体型を維持するという目標も持てるようになりますし、服装で印象を変え続けることができるように意識してみましょう。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!