不倫中の既婚男性の気持ちとは?

カテゴリ:浮気・不倫
5959
2019.1.21

最近はサレ妻というワードが頻繁に聞かれるようになりましたし、芸能界やまわりでも不倫についての話を聞く機会がぐんと増えたように感じます。
実際に自分が既婚男性と不倫をしていたり、夫に不倫をされているという女性も少なくないでしょう。

そんな私たちのまわりにもはや当たり前のように存在する不倫恋愛。
一体、妻という存在がいながらも不倫恋愛に走る男性の心理とはどんなものなのでしょうか?

そこで今回は「不倫中の既婚男性の気持ちとは?」についてみていきましょう。
夫の不倫に悩む女性、また、既婚男性との苦しい恋に悩んでいる女性は是非参考にしてみてください。

始まりは軽い気持ちから


女性は夫とセックスレスであったり、育児に追われる日々に疲れたなど夫婦間や家庭に対しての悩みで我慢が限界に達したときに逃げ道を求めて不倫をすることが多いですが、一方の男性は軽い気持ちで不倫恋愛を始めることが多いです。
「イケそうだったから」「相手の女性の好意を知ったから」「その場の流れ」など、特に大きなきっかけはないことの方が多いでしょう。
その証拠に不倫をしている女性に夫への不満を聞くと次々と出てきますが、不倫中の男性は「特に妻に不満はない」と言う人も多いのです。

まず男女間において、配偶者以外の人と恋愛をするきっかけには大きな違いがあるということを知っておきましょう。
女性は1回でも浮気をした時点でその浮気相手に気持ちを奪われていることも多いですが、男性は始まりは特に何も考えていないのです。ですから1回の浮気や不倫が始まったばかりの段階で妻に不倫がバレた場合は、許しを乞いてあっさりと戻ってくることがほとんどでしょう。

男性にとって不倫のきっかけは、必ずしも妻や家庭に不満があるからというわけではないということです。
その1回の浮気を許すか許さないかはあなた次第ですが、浮気=あなたから気持ちが離れていると結論を決めつける必要はないかもしれません。

意外と本気で恋愛している


始まりは軽い気持ちと言いましたが、実は不倫恋愛に本気になりやすいのは男性の方です。
女性は気持ちの切り替えも上手く器用なので、夫と今まで通り過ごしながらも不倫相手と恋愛を楽しむこともできますし、割り切ることも得意です。

一方の男性は、最初は何も考えずに始まった不倫恋愛にのめり込んでしまいがちです。
なぜなら男性は相手に必要とされることで自分の存在意義を感じる生き物であり、不倫相手の女性に求められているという感覚が自身の幸せへと繋がっていくからです。
「不倫は所詮遊び」「結局は奥さんの元に戻る」というのが世間の定説のようになっていますが、実際に不倫恋愛を続けている男性というのは世間が思っている以上に本気であることが多いのです。

もちろん中には妻とセックスレスで不倫相手とは体の関係だけ楽しんでいるという人もいますが、まわりが思うよりも実は不倫相手に本気になっている人の割合は多いと言えるでしょう。
実際に今の奥さんと離婚するかどうかは色々な問題や障害があるためまた話は別ですが、「不倫=遊び」という定義については疑いを持たざるを得ません。

きっかけはなんとなくだったとしても、また、妻へ大きな不満がなかったとしても、結局不倫に走るということは何かしら自分の中で満たされないものがあるからです。
そのことに本人が自覚があるかどうかは分かりませんが、今の家庭や妻では満たしきることのできない何かを抱えています。
セックスなのかトキメキなのか承認欲求なのか恋愛感情なのかスリルなのか自尊心なのか、それは人によって異なりますが、不倫相手と一緒にいることで満たされるものがあるということです。むしろ人が不倫をする理由はそこにしかありません。

そして多くの男性にとってそれはセックスや男として見られたいという欲求です。
特に子どもができると妻は女より母になってしまったと嘆く男性は多いです。女性からすると育児と家事に追われているんだからと腹が立ちますが、それでも男性は自分が求められたいのです。

そういう風に自分を満たしてくれる相手と空間にどんどんのめり込んでいく男性は私たちが思っているより多いもの。
夫が浮気しているという女性が夫の不倫を終わらせるのも、既婚男性と不倫しているという女性が関係を長く続けるのも、結局はその男性のこれらの欲求を満たすことができるかが鍵になるのです。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!