上司と社内不倫している人が注意すべき7つのこと

カテゴリ:浮気・不倫
45
2019.4.11

上司との社内不倫がバレやすい理由


上司との不倫、特に直属の上司との不倫関係はバレやすいので注意が必要です。
上司との不倫が周囲に気付かれてしまいやすい理由についてご紹介します。

お互いの態度から

上司との不倫が同僚などに気付かれるきっかけは、不倫恋愛をしている二人の態度。
不倫とはいえ恋する者同士はお互いに対する気遣いや、思いが態度に現れやすい状態です。
直属の上司と不倫関係にある場合、上司は不倫相手の女性の仕事内容について便宜を図ることがあるでしょう。
また、ちょっとしたミスや失敗については注意程度にとどめ強い言葉をかけないことも。
そんな上司の態度に同僚たちはなんとなく違和感を持ち、単なるお気に入りか、
実際に二人の間に何か関係があるのかと囁かれています。
小さなことが重なって同僚たちが、直属の上司と部下の不倫に気付くきっかけは一つではありません。
いくつかの小さな出来事が重なってジグソーパズルのピースのようにそれらが一片づつハマっていき、いずれ確信となります。
その一つの事象が残業。どちらかが残業しているのに合わせ、同じく会社に残っている場合など。
そういえば、彼女が残業の時はいつもあの上司も残っているな。同僚たちはちょっとした気づきから二人の動向に更に注目するようになります。
共通の話題も不倫がバレる糸口に。新しくできたレストランの評判や、ステーショナリーのトレンド情報など、何気ない会話の中で「あれ、この話し彼女もしてたような。」そんなことが何度かあると同僚たちは二人の関係を怪しみ出します。
不倫関係の二人が直属の上司と部下である場合、会社内で環境を共有しているため、同僚のうちの誰かが二人の関係を何となく怪しみ出すと情報を集めていきます。そうするうちに、「そういえば」情報が重なり疑いは確信に。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!