不倫相手となるべく穏便に別れるには?長引く不倫の終止符の打ち方をご紹介

カテゴリ:浮気・不倫
298
2019.2.27

ふとしたきっかけで始まったしまった不倫関係。
不倫がバレてしまった時のリスクを考えると、早く終止符を打ちたいけどなかなか別れられなくて困ってはないでしょうか。
別れられないのは不倫相手とあなたの両方に理由があり、理解して行動すれば必ずきれいに終わらせることができます。

今回は
・不倫が簡単に終わらせられない原因
・不倫相手があなたの別れを受け入れない理由
・不倫相手と円満に別れる3つの方法
・不倫相手が別れを受け入れてくれない時
・注意して!これだけはNGな行動
についてご紹介していきます。

本記事は、不倫関係を終わらせたいのになぜか関係が続いてしまっている方や、なるべく綺麗に終わらせたい方の参考になれば幸いです。

不倫が簡単に終わらせられない原因


不倫関係はリスクがあるし、世間体的にも良くないので早く終わらせたいと思ってはいるけど、なかなか別れることができないですよね。
不倫には独特なスリルがありますし、普段なら相手にしてもらえないような男性が相手だった場合、手放すのがもったいないと考えてしまうことも。
ここからは不倫相手と簡単に別れられない原因についてご紹介していきます。

通常の恋愛にはないスリルがあるから

不倫はバレてしまうと慰謝料を請求されたり仕事を失うリスクもあるため、通常の恋愛のように会いたい時に会うことはできません。
そのため周りに疑われないように連絡を取ったり、見つからないように行動したりと、不倫には通常の恋愛にはないスリルがあり、その環境に燃えます。
別れたいと思っていても、そのスリルに魅了されていつまでたっても不倫関係を断つことができないのです。
不倫相手がハイスペックだから未婚男性はまだまだ子供の考えを持っている人が多いのですが、既婚者の場合は多くの人生
経験を経てるので、大人の余裕があり立ち振る舞いがスマートです。

また一般男性とでは行くことのないような高級店に連れて行ってもらったり、高価なプレゼントをもらったりと、不倫相手が高収入な場合はリスクがあると思っていても、手放すのが惜しいと考えなかなか別れることができません。
そんなハイスペックな男性と一度でもお付き合いをしてしまうと、平凡な一般人とのスリルのないお付き合いに魅力を失ってしまっているのかもしれません。

条件に合う未婚男性が周りにいないから

仕事の日は会社と家との往復だけだったり、空いてる日は不倫相手に合わせて会っていたり
と、新しい未婚男性との出会いがない場合です。
ただでさえ出会いの場がないと嘆く人もいる中、自らが積極的に出会いの場に参加していか
ないと、いつまでたっても不倫関係を断ち切ることができません。

不倫相手があなたの別れを受け入れない理由


不倫相手に別れを告げてスムーズに別れられる場合はあまりなく、大抵の場合は拒まれてしまいます。
相手にとって、あなたは本当に寂しい時やセックスをしたい時に相手をしてくれる、都合の良い女性だからです。
ここからは不倫相手があなたの別れを受け入れない理由についてご紹介していきます。

さみしがり屋だから

職場では部下を引き連れてできる上司を演出しなければいけませんし、家に帰ると子供の良きパパとして振舞わなければいけません。
結婚年数が長いと妻との会話も減ってくるので、一体なんのために働いているのかわからなくなり、自分の存在意義を考え、ふと寂しい思いを抱えるようになるんです。
そんな寂しさや悩みを唯一話せて甘えられる相手が不倫相手となれば、簡単には手放してはくれません。

あなたが都合のいい女だから手放せない

不倫相手が配偶者とセックスレスになっていたり、出張先で誰も知り合いがいない場合など、お金を払わなければ性欲を発散することができません。
そんな状況の中、不倫関係となった女性ならタダでセックスをすることができるため、別れを告げても手放したくないので、簡単には別れを受け入れてくれません。
また不倫相手の家庭環境が良好な場合だと、休日は家庭サービスをする必要があるため、自分の時間は限られてきます。

そんな少ないタイミングに合わせられるあなたは、相手にとって都合の良い女だと思っている可能性が高いです。

体の相性が良いから

体の相性が悪いため離婚に発展する家庭も多いことから、長い付き合いを考えると体の相性は非常に重要です。
若い時に勢いで授かり婚をしてしまった方は、相性が良いのか悪いのかなどがわかる前に結婚することになるため、体の相性の悪さが原因でセックスレスになることが非常に多いです。
そのような環境で、体の相性が良い不倫相手が出来たらそう簡単には手放したくはありません。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!