妻に浮気を許してもらうために必要なこととは?

724
2019.4.23

「男性は浮気をする生き物だ」と主張する人は多いですが、それでもやっぱり浮気は許せないと思うのが女心です。
しかしその一方で、「もし浮気されたら絶対に別れる」と決めていたとしても、実際には気持ちや情があるとなかなかそうバッサリ切ることができないという女性が多いのも事実。
女性には母性があるため、元々相手を愛し、許す心が備わっている人が多いためです。
つまり、仮に浮気をしてしまったとしてもあなたの対応次第で妻に許してもらうことも不可能ではないということです。
そこで今回は浮気をしてしまって反省している男性のために、「妻に浮気を許してもらうために必要なこととは?」についてみていきましょう。

浮気した原因を自分で理解する


まず自分がなぜ浮気をしてしまったのかを把握しないことには、本当の意味での反省も謝罪もすることができません。
自分自身や現実に真っ向から向き合うことは予想以上に疲れることですが、自分を見つめなおしていくなかで、あなた自身も気づいていなかった妻への不満や不安などがあるかもしれません。
浮気をする男性のなかには「妻には不満はない」「普通に幸せに生活している」という人もいますが、100%満たされていて100%相手のことを思いやることができていれば、浮気はしません。
仮に嫌と思うところがあったとしても、何よりも相手を大事に想っていれば浮気に走るわけがないですし、相手に不満がなかったとしても何かが足りないから浮気をしたわけです。
「なにが不満なのか?」「なにが足りないと思っているのか?」「自分が求めているものは何なのか?」「どういう人生を送りたいと思っているのか?」「どんなパートナーが理想なのか?」そんな人生論の部分まで考えるなんて大げさだと思えるかもしれませんが、そこまで突き詰めて考えなければ意味がありません。
トキメキが足りないのか、セックスが足りないのか、刺激が欲しいのか、必要とされたいのか。
なにが原因で自分が浮気をしたのか?という答えを出してみましょう。

自分の非を全面的に認める


なぜ浮気に走ってしまったのかを理解したら、全面的に自分の非を認めましょう。
自分が足りないと感じていること、妻への不満を把握するのは相手の女性を責めるためではなく、二度と同じ過ちを繰り返さないためです。
「お前が構ってくれなかったから」「全然セックスさせてくれないから」「太って女性としての魅力がなくなったから」など相手に責任を押し付けるのは言語道断。
双方に原因はあったとしても、全ての非は浮気をするという判断をした夫であるあなたにあります。
相手の女性に言いたいこともお願いしたいこともあるかもしれませんが、とにかくまずは自分に非があるということを認識し、そのスタンスを持って相手と向き合いましょう。

相手への気持ちをきちんと伝える


あなたが自分の非を認めてやっと相手の女性もあなたの言い分を聞いてみようかな?という気持ちになってきます。
妻と話ができる状況になったら、落ち着いて相手への気持ちを全て伝えましょう。
ここでは、相手を想う気持ちはもちろんのこと、相手に感じている不満や不安もきちんと言うことが大切です。
多くの男性はとにかく早く事態を収拾させるため、とりあえず謝り倒して終わらせようとしますが、それではまた同じことを繰り返す可能性が高くなります。
自分自身の気持ちも原因も理解しておらず、また、相手と向き合うこともしない謝罪は何の解決にもなりません。
最初に「なぜ自分は浮気をしたのか?」を深く突き詰めて考えたときに出た気持ちや願望を相手にも共有することで、二人で一緒に乗り越えていくための糸口を見つけることができるのです。
もちろん一緒に乗り越えていくかどうかの判断は二人次第ですが、少なくとも本音でぶつからないことには乗り越えるかどうかの判断要素を与えることもできません。
例えば妻が子どものお世話で手一杯であなたに構うこともなくなり寂しさから浮気をしたのであれば、「自分が悪かった。お前のことが本当に大切なのに、相手にされなくなって
つい他に救いを求めてしまった。寂しくなるのは誰よりも好きだからだし、これからもずっと一緒にいたいと思っている。今後はもっと二人きりの時間も取りたい。」と、“謝罪→原因→相手への気持ち→願望”のように抱えている気持ちを全てぶつけるのです。
残念ながら、「こうやって謝れば許してもらえる」という正解や方程式はありません。
二人のことは二人にしか結論は出せませんし、きちんと自分の気持ちを伝えたところで関係の修復ができないこともあるでしょう。
しかし、自分の気持ちを包み隠さずに相手に伝えなければ、相手の気持ちを動かすこともできません。
ぶつかること、さらけだすこと、批判されることを恐れず、夫としての自分の正直な気持ちを伝えてみましょう。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!