本気の不倫恋愛でつらいのは未婚者側?既婚者側?

カテゴリ:浮気・不倫
7885
2019.3.23

「昼顔」や「黄昏流星群」など不倫を題材にしたドラマや映画がヒットしたり、芸能界で多くの不倫恋愛がリークされるなど、最近なにかと不倫が話題になることが多いですよね。
実際にまわりにも不倫経験者が意外と存在しており、既婚者が積極的に恋愛を求めている姿を見ては「結婚ってなんなんだろう…」と言いようのない気持ちになったこともありました。
そんな多くの人が陥ってしまう不倫恋愛。
W不倫、既婚男性&未婚女性、既婚女性&独身男性など様々な形がありますが、最も多いのは既婚男性と未婚女性の組み合わせでしょう。
お互いに遊びと割り切った関係なら楽でしょうが、本気になってしまう人も少なくありません。
お互いが本気になればなるほどつらくなるのが不倫恋愛です。既婚者側も未婚者側もお互いに異なる苦しみを抱えています。
そこで今回は「本気の不倫恋愛でつらいのは未婚者側?既婚者側?」についてみていきましょう。

本気不倫恋愛中の未婚女性が感じる苦しみとは?

将来への不安

不倫恋愛中の未婚女性にとって、「彼は離婚するつもりあるの?」「あと何年待ったら一緒になれるの?」「このまま一緒にいたら婚期を逃すかも」「他の人と恋愛や結婚をした
方がいいのかな」など先が見えないことへの不安が最も大きな問題であると言っても過言ではありません。
未婚者同士の恋愛であればタイミングや両者の気持ちが揃えば次のステップへ、という風になりますが相手が既婚者だとそうはいきません。
仮に既婚男性側も本気であなたのことを想っていたとしても、数々のクリアすべき障害が立ちはだかり、一筋縄ではいかないのが現実です。
単純に想いあっているだけではうまくいかないのが不倫恋愛の難しいところ。
そんな障害の多さから、二人の関係に疲れ切ってしまう女性は少なくありません。

メールやLINEの連絡や会う時間の制限

相手の男性が家にいる間は連絡が取れなかったり、休日は会えなかったり、普通の恋愛に比べて我慢しなくてはならない制約が多いのも不倫恋愛で苦しみを感じる原因の一つです。
まわりの友達が彼氏と好きなときに連絡を取り合って、休日はデートして、旅行に行ったりしているのに比べて、「なぜ自分はそんな当たり前のことができないんだろう?」と悲しくなってしまうのです。
特に女性は連絡の頻度や会う回数で相手の愛情を量る人が多いため、そのバロメーターである連絡や会うことが自由にできないと苦痛を感じる人が多いようです。

関係を秘密にしている後ろめたさ

周りの人に「不倫をしている」と公言したら、おそらく10人中9人に反対されるでしょう。
やっぱり不倫というのは理想的な形ではありませんし、既婚者に至っては不貞は法律違反になることも。
そのため、いくら本気で相手を想っていても、好きな人がいることを友達や親などに隠しているという人は少なくありません。
関係を堂々と公言できない後ろめたさ、まわりの人に隠している心苦しさ、嘘をつくことへの罪悪感。そんな積み重なるマイナスの感情に疲れてしまうのです。

既婚男性の奥さんへの対抗意識

好きな人には自分のことだけ見ていてほしいもの。
彼と一つ屋根の下で暮らし夫婦という関係を築いている奥さんへの対抗意識が生まれることは不思議なことではありません。
しかし常に彼の奥さんを意識して、優位に立とう、より好かれようと考えていると一人でずーっと頑張っている状態になります。
もちろん相手に好かれようと努力することは大切ではありますが、それは自分がより愛されるためにすべきことであり、人と比べて優位に立つためではありません。
自分は自分、奥さんは奥さんと切り離して考える癖をつけると楽になりますが、特にプライドの高い女性は「奥さんに勝ちたい」という気持ちが強く疲れやすい傾向にあります。

相手の気持ちを信じられない

いくら相手に甘い言葉を囁かれても、時間を使ってくれても、結局のところ言われた本人が「どうせ不倫だし…」などと相手を信じられずにいたら心から安心と幸せを感じることはできません。
しかし相手に家族がいて家に帰ればその家族が待っているという現実は、予想以上に不倫恋愛中の女性の心をえぐるものです。
「結局自分は単なる浮気相手なのではないか?」「相手は遊びのつもりなのかも」「セックスだけが目的なのかもしれない」など疑心暗鬼になってしまう女性も少なくないのです。

コラムランキング

最も閲覧されている
コラムをチェック!

注目コラム

MiW編集部オススメの
コラムをチェック!