不貞の時効は3年!?実は知らない離婚の慰謝料問題

960
2019.3.26

既婚者 480 人へ離婚の慰謝料について聞きました。
不貞の時効は3年!? 実は知らない離婚の慰謝料問題

夫婦問題の様々な問題について取り扱うコミュニティ「不倫・浮気、夫婦問題相談室[ミウ]」 では、“2019年2月19日最高裁判決における離婚の慰謝料”(※)についての初判断から、 既婚者の離婚の慰謝料について意識調査を2019年3月14日に実施しました。
本調査は実際に離婚を経験した25歳〜55歳の男女計480名に対し、「不貞の証拠の事項が何年であるか」また、「不倫による離婚の慰謝料の請求相手が誰であるか」についてどのように考えているかを質問しました。

■調査結果
Q1 :「浮気・不倫」の慰謝料請求は誰にするものだと思いますか?

「浮気・不倫」の慰謝料請求は誰にするものだと思いますか?

男性は55%が配偶者に請求するものだと考え、女性は37.5%が配偶者に請求するものと回答。男性より約20%下回った。


Q2 :「離婚」の慰謝料請求は誰にするものだと思いますか?

「離婚」の慰謝料請求は誰にするものだと思いますか?


Q3 :不貞の証拠は、認識してから“3年”を経過すると消滅することは知っていましたか?

不貞の証拠は、認識してから“3年”を経過すると消滅することは知っていましたか?

→全体の約8割が不貞の時効について知らないという結果に。男性の方が女性より約4%多く知らないと回答。


本リリースによる調査結果をご利用いただく際は「不倫・浮気、夫婦問題の相談室[ミウ] 調べ」と付記のうえご使用くださいますようお願い申し上げます。 これを踏まえ、新しい生活を始める際に、離婚の慰謝料請求に役立つような情報を提供し ます。

※最高裁判決参照 離婚の慰謝料は、不倫相手にも請求できますが、不倫の事実を認知してから3年を超えると請求できません。
こちらの問題が、今回係争された内容です。



■調査概要

調査方法:事前調査を経てのアンケート回収方式
調査対象:既婚者20-60歳までの男女 回答数 : 480名
調査時期:2019年3月
調査協力:株式会社マーケティングアプリケーションズ

夫婦問題ラボランキング

最も閲覧されている
記事をチェック!

注目記事

MiW編集部オススメの
記事をチェック!