不倫、浮気、夫婦問題の相談室(現在のアドバイス数:16148件)

わたしも相談する
個人情報をご登録いただくことなく、お気軽にご相談いただけます。
>わたしも相談する

閲覧回数(6927) AD数(7)

夫婦問題その他 - 鬼嫁への不満

つぶやく

もうすぐ結婚2年目。妻が乱暴になり怖い

ぽっくん(男性 30代) 2011-04-22 09:45:06

私の妻は、結婚1年目頃からとても乱暴になり怖くなりましたが、心境の変化についてどなたか教えてください。

結婚するまでは献身的な人だと思っていました。休日遊びに行く時も手弁当を持って来たり、病気で寝たきりになったときには、看病をしてもらったりしていました。そんなところに惹かれていたんです。

結婚してから一緒に生活するようになり、それまで気にしていなかったお互いの生活習慣や時間の使い方などで違和感を感じるようになったと思いますが、それは想定の範囲として私は考えていましたし、結婚前に妻とそのような話をして、それはしょうがないよねってことだったんです。

それが、時間がたつとともに妻の態度が変わってきたんです。私は休みの日にはごろごろ寝転がっていたいのですが、朝から掃除機をヴィ~ンってかけるんです。最近では掃除機でバシバシ叩かれたりもします。食後のお皿洗いも、食事終了直後に洗わないととても機嫌が悪くなり、それとなく私の育った環境が悪いというような嫌味も出てきます。

夫婦として時間を共にするということは、こういうことなんでしょうか?なんだか、最近では妻は私が一日も早くいなくなってしまったほうがいいと考えているのでは?とまで思ってしまう次第です。どなたか、良いアドバイスがあればお願いします。

相談者本人としてレスを入れる場合はこちら

できた奥さんじゃないですか。

brisbane(男性 30代) 2011-04-27 18:03:33

ももさんの言うとおりですね。

休日の朝から掃除機をかける、食事の後すぐ片付ける…とても勤勉な奥さんだと思います。ぐうたらな奥さんをもらうより、ずっといいのでは。あなたが思い描いた通りの、働き者の奥さんじゃないですか。

きっと完璧主義なんでしょうね、機嫌が悪くなるというのは。そこはやっぱり男が合わせてあげて欲しいものです。ゴロゴロしながら移動する、食べ終わった皿を台所に運ぶ、そんなに難しい事じゃないですよ、これは。私もよく言われましたが、大して頑張らなくてもできますよ。

どうせ子供ができれば、奥さんも家事を完璧にこなすことはできなくなってきます。その時こそ頑張って、奥さんを支えてあげて欲しいものです。

>このアドバイスにお礼をする(相談者本人のみ)

奥様の気持ち、わかります。

ももこ(女性 30代) 2011-04-25 23:20:28

私も奥様と似たようなところのある主婦なので、よくわかります。掃除機をかけたいときに、ごろごろされていたら、ものすごくイライラします。私は、暴力は我慢しますが、本当は、掃除機で叩いてしまいたい衝動にかられます。

皿洗いだって、どうせなら早くしてほしい。というのは、主婦業にはいろいろ理由があって、洗濯は朝早くしないと乾かなくなる、掃除機に時間は関係ないけど、でもどうせかけるなら早めに終わらせてゆっくりしたい、お皿はすぐに洗わないと汚れがとれにくくなったり台所の汚れているのが気に入らない、、、など。

奥様にも主婦業に対するこだわりがあるのだと思います。手伝うならば、私の思うとおり似やって欲しい、と。なので、まずは、「今日何か手伝う?どうしたら良い?」と聞いて、奥様の指示に従うことだと思います。手伝ってくれるのは嬉しいけど、自分のして欲しいようにして貰えないと、もっとイライラしてしまうのです。

相談者さんは、まだまだ奥様のことが大好き、に感じられるので、そこから始めるのが良い、と思います。奥様も、いなくなれ、とまでは思っていないと思います。思い通りに動いてくれる旦那様なら、大好きだと思いますよ。

お互いに、歩み寄りを

ジョージ(男性 40代) 2011-04-23 08:06:52

育ってきた環境が違う人間が一緒に暮らすのだから、最初はぶつかるのが当然ですよ。
後は、どう折り合いをつけるか?ですよ。

結婚すれば、独身のときのような遠慮は無くなりますよ。
だから、奥様の自己主張も前面に出てきます。

妥協点を探りましょう。
私も、食後にすぐ洗い物をするのは好きではないです。
食後は少し休むものですよ。
例えば10分後にするとかでもいいんじゃないですか?

休みの日は朝寝したければ、そう伝えてはどうですか?
叩き起こされることも無いでしょう。
「寝ているのが気に入らないから起きろ」は、幾ら妻でも言い過ぎですよ。
常に寝るのではなくて、「今日は寝るから」はどうですか?

奥様の言い分もちゃんと聞いて、妥協点を探ってください。
共に、尊重し合わないとね。

>このアドバイスにお礼をする(相談者本人のみ)

お互い変わっていないのです

もも(男性 30代) 2011-04-23 07:55:08

今、奥様が変わってしまったように思われているのですね。辛いお気持ちでいらしゃることでしょう。しかし文面から客観的に感じたことなのですが、一度考えてみてください。

恐らく奥様もあなたも変わっていないのではないでしょうか。そういった気質は最初に持っていたものなのです。相手と同居していなかった故、お互い見えていなかっただけでしょう。

休日遊びに行く時も手弁当を持って来てくださったのは奥様が事前に料理の仕込みを早起きしてできる方だっからです。事前に準備のできないぐうたらな女性はお弁当など作れません。

病気の時の看護も、思いやりがあり、看護する能力があったからできたのです。以前から、そして今もきちんとした方なのです。掃除機をあなたにかけてと言うわけでもなく、ぐうたらせずに起きてご自身で掃除機をかけておられる。

食後のお皿洗いも、食事終了直後にすぐ奥様が現れるのでしたら素晴らしいことではないでしょうか?きちんと片づけてから遊んだり、ゆっくりしたいタイプの性格なのだと思いますよ。ぐうたら家事をしない奥様より長い人生素晴らしいと思うのですが。

気質は変わらないので片づけてからいっしょにゆっくりされてはいかがでしょう。たぶんそこだけだと思います。休日に掃除機もかけないで寝ていて食器は放置して食後にいつまでも片づけない、そんな性格の女性にお弁当を作ったり献身的な看護ができるとは思えません。

片付けば掃除機で叩くようなことは起きないと感じました。ぐうたらな女性といると将来ご自身が尻拭いしなければならないように思います。

先回りしていい旦那を演じる

みどろん(女性 30代) 2011-04-22 18:13:44

端的に言って、奥さんはあなたに甘えているだけです。世界で一人だけ甘えられる人、それがあなたなのです。そうなると子どもも同然で、振る舞いもとても子どもっぽくなりますし、無理難題を押し付けてくることもあるでしょう。そうやって困らせて、奥さん自身が優位に立つことを楽しんでいる節もあるかもしれません。結婚前に話し合った、時間や生活習慣の違いなどはもちろん原因として考えられます。

別の人間が共同生活をしているのですから、「しょうがない」だけで片付けず、どこか合わせる部分を作りましょう。また、外部に問題が潜んでいることも非常によくあります。例えば、奥さんの漠然とした将来への不安、対人関係、仕事がしたい、(お勤めでしたら)職場でのストレス・・・など、よくある悩みのはけ口が、最も長い時間を過ごし、最も心を開いているあなたになっている可能性があります。

ご自身は、仕事で疲れて帰って来て、家でも妻が不機嫌で、とてもつらい思いをしていらっしゃるとお察しします。しかし、奥さんが機嫌の悪いままでは話し合いができませんから、まず、良い亭主を少しでも演じて、奥さんが苦しいと思っていることを聞いてあげたうえで、ご自身の不満を話し合うように、機会を設けたほうがいいと思います。人間は、コミュニケーションで問題を解決できますから、あまり気に病まずに過ごしてください。

つもりの思い込み

春玲(女性 50代) 2011-04-22 15:16:35

拝読して、すぐに頭を過ったのはお二人に会話がないんだということです。奥様の心境に変化があったのではなく、性格が変化したのでもありません。

結婚前にされた話でも、二人で話し合ったのではなくて、貴方の考えを言ったら奥様もしょうがないねと返答したに過ぎない。ただ世間話のように一つの話題となっただけです。

結婚後には、そのお互いの違いを埋める必要があるのですが、お互いの勝手な思いのままでシングルの時の延長のままで生活するから> 私は休みの日にはごろごろ寝転がっていたいのですが、朝から掃除機をヴィ~ンってかけるんです。最近では掃除機でバシバシ叩かれたりもします。食後のお皿洗いも、食事終了直後に洗わないととても機嫌が悪くなり、それとなく私の育った環境が悪いというような嫌味も出てきます。という事態になってしまうのです。

夫婦として時間を共にするということは、実際にそれまでとは違う自分達の生活習慣を作るということなのです。その作るという共同作業をせずに、結婚前に了解があったからとお互いのそれまでを通そうとするのではなく、お互いに「違い」を認めた上で思い遣りを持ってどうするのかを話し合って下さい。

例えば、休日はゴロゴロしたいから掃除も休みにしようよとか、早く片付けられるように食器洗いは一緒にしようとか、違いを同じに近付けるような話し合いを。

>このアドバイスにお礼をする(相談者本人のみ)

ピックアップ相談
アドバイスする
あなたが悩んだ経験をアドバイスに役立ててみませんか。

個人情報をご登録いただくことなく、アドバイスできます。
>アドバイスする

ログイン
次回から入力を省略
>パスワードを忘れた方はこちら

アドバイスをされる方でユーザー登録されますと、マイページにて「ご自分のアドバイス一覧」「アドバイスに対するお礼一覧」などを作成することができます。どなたでもユーザー登録は可能です(無料)。

夫婦問題調査室

Copyright (C) 2017 miw.jp All rights reserved.