不倫、浮気、夫婦問題の相談室(現在のアドバイス数:17588件)

わたしも相談する
個人情報をご登録いただくことなく、お気軽にご相談いただけます。
>わたしも相談する

閲覧回数(2071) AD数(3)

夫の浮気・不倫 - 夫婦関係を修復したい

つぶやく

突然別居したいと言われて‥

ミカ(女性 40代) 2018-07-02 20:32:22

夫より突然別居したいと言われ別居になり1ヶ月。夫は人が変わったみたいに冷たくなり、帰りも夜中になる事が多くなりました。1人になりたい、1人で生活したいと言われ、もう決めたからと、話しも聞いてもらえず強行された形でした。まわりからは女性がいると言われて、調べたら、親しい女性がいました。夫は女性に夢中になっていました。結婚25年。夫は50、相手女性は20才年下です。
夫はどう思っていたのか分かりませんがそれまで夫婦関係は特に喧嘩もなく、旅行に行く、映画見に行く、買い物や食事に行くなど、変わった様子は分かりませんでした。今はショックで楽しい事もない状態になっています。夫とは別れるつもりはありません。これから夫と相手女性にどのように対応するか、いつ知っている事を話したらいいか、女性と別れさせるにはどうしたらよいのか、タイミングもいつがいいのかアドバイスをお願いしたいと思います。証拠は、あります。

相談者本人としてレスを入れる場合はこちら

別居は

リンゴ(女性 40代) 2018-07-03 13:14:44

離婚したくない貴女にとって、益々 不利な状況になっていきますよ、ご主人の離婚したいが本気なら。
このまま別居が続いたら…有責配偶者であっても将来的に離婚は認められていきます。今すぐは無理でも、調停も裁判も申し立てはどの立場からでもできますし、離婚したい意思表示にも使えたり。

取り敢えず、離婚を仄めかしているので役所で不受理の申請はしましょうか。
出るとこに出ても大丈夫な証拠は揃え、だけど手の内は見せずに、まずご主人と話し合いましょう。
弁護士に入れ知恵してもらうのもいいかもしれません。

ご主人と相手女性がどのように考えているかは判りませんが、離婚したくないなら打てる手は全て打っていいと思います。
心労多く大変かと思いますが、
Do my best
です。

>お礼済み

こういう身勝手なアホ男が居るから

ジョージ(男性 50代) 2018-07-03 10:31:38

結婚と言う制度で、女性を守らなければいけないのです。

もしもこれを簡単に許せば。
「女房と畳は新しい方が良い」となって、次から次へ女房を変える無責任男が乱造されることとなってしまいます。

離婚になど、決して応じなくていいです。
裁判所は、このようなふざけた離婚は決して認めませんからご安心を。

人の夫を奪おうとする女には、証拠揃えて慰謝料請求してやりましょう。

でもね、こんな冷酷な男はね、全財産取り上げて離婚に応じてもいいと思いますよ。
貧乏になれば女も逃げてザマアミロです。

まずは、負けないでとことん戦うことです。
正義は、あなたにあります。

>お礼済み

酷いこと書きます

まるこむ(男性 30代) 2018-07-02 22:31:54

 失礼極まりないことを書いてしまいますが、旦那さんはあまりいいお年の召し方をしてこなかったのかな、と思いました。
 年甲斐もなく二十も離れた女性に夢中になるのを脇に置いたにしても、長年連れ添った女房に対して、ろくに説得もせずに別居を強行してしまうというのは…… ちょっと考えが浅くないですか? 自分のわがままを押し通すにしても、もうちょっとやり方ってものがありませんか? 50歳にしては大人げないような……

 離婚してもいいんじゃないですか? 

 証拠を見せるタイミングは、
1.“十分な”証拠が揃い、
2.二人に対する制裁を決めた
時点でいいのではないでしょうか。
 アホみたいな金額の慰謝料を請求して、裁判でも泥仕合でも何でもしたらいいんじゃないですか?(失礼どころか無責任なこと書いてます)

 相談者さんに必要なのは、一人で生きていくための“拠り所”を求める勇気だと思います。今からでも何か始めませんか?
 
 悠々と構えていれば、そのうち旦那さんも疲れた顔して戻ってきますよ。

>お礼済み

ピックアップ相談
アドバイスする
あなたが悩んだ経験をアドバイスに役立ててみませんか。

個人情報をご登録いただくことなく、アドバイスできます。
>アドバイスする

ログイン
次回から入力を省略
>パスワードを忘れた方はこちら

アドバイスをされる方でユーザー登録されますと、マイページにて「ご自分のアドバイス一覧」「アドバイスに対するお礼一覧」などを作成することができます。どなたでもユーザー登録は可能です(無料)。

夫婦問題調査室

Copyright (C) 2018 miw.jp All rights reserved.