不倫、浮気、夫婦問題の相談室(現在のアドバイス数:16148件)

わたしも相談する
個人情報をご登録いただくことなく、お気軽にご相談いただけます。
>わたしも相談する

閲覧回数(224) AD数(3)

つぶやく

現在進行系、、、

あいな(女性 20代) 2017-08-07 19:02:14

26才女です。結婚して2年です。
子供はいません。
現在、職場の10才年上の妻子持ちの男性と
W不倫しています。関係は、半年程で
つい先日初の旅行も、行ってきました。

きっかけは、会社の中で飲み会やら、構ってもらってるうちに、どんどん惹かれていき、誘われ断れず、飲み会後関係をもってしまいました。
※この時点で、いけない事だというのは、
重々承知しています。

それで、終わればよかったのですが、
現在進行中です。
しかも、相手に本気になって頂いてるようです。私も、相手が凄く好きです。

しかし、このままでは、お互い良くないとのことで、今後どうするかと話になりました。相手方は、家庭も上手くいってないし、離婚して一緒に居たいといっています。

私は、旦那とも普通です。それに、自分の家族とかも大好きなので、裏切ってしまう事になると思うと、なかなか踏ん切りがつきません。わがままで最低で自分よがりな事を言ってるし、してると思っています。

だけど、不倫相手も旦那と同じくらい好きになってしまい。とても苦しいです。
何かアドバイスを頂けたらと思います。
宜しくお願い致します。

相談者本人としてレスを入れる場合はこちら

一つ謝罪させてください

まるこむ(男性 30代) 2017-08-08 22:07:11

 先日、『十年不倫』云々の話を書きましたが、あれは蛇足でした。
 自分の知識をひけらかしたいが為に、あなたにとって何の意味もないことを書いてしまいました。

 申し訳ありませんでした。

 どうかご自分の正しいと思えることを行ってください。ご自分に幸福になる資格があることを信じて、前へ進んでいってください。

>お礼済み

うまく利用されてますよ

ジョージ(男性 50代) 2017-08-08 14:50:28

彼は、あなたが相手をしてくれるであろうことを見抜いて、巧みに接近してきたようですね。

女に惚れさせて、自分の良いように操る。
不倫常習男の常套手段です。

良く考えてみてください。
旦那と破綻していないあなたが、なんで離婚して不倫男となどと一緒になる必要があるんですか?
好きだけで、やっていいことと悪いことがあります。

万が一、彼と結婚しても。
浮気されますよ。
今、彼があなたとしているようにね。
いいことなんて、何もないから。

>お礼済み

答えは単純、難しいのは選択した後

まるこむ(男性 30代) 2017-08-07 21:15:33

「関係解消、旦那さんと再構築」
 これ一択ですね。
 というより、結論でいえば、これ以外に言いようがないです。細かい理由をグダグダ並べなくたって、あなたも実際にはわかりきっているのでありませんか?

 問題は彼を失った後の‟喪失感”をどうするかです。誰にも打ち明けられずに苦しんで、鬱に陥る人だっているそうです。
 どうすればいいのでしょうね。俺にもわかんねっス。
 答えの出ない問題を自らに問い続けるしかないのでしょうかね。
「時が解決してくれる」という、楽観的な意見を言うこともできますが、それだって長い時間をかけて‟問い続ける”ことが前提になるのではないでしょうか。
 ……いや、やっぱりわかりません。
 
 話は変わりますが、衿野未矢さんが著書『十年不倫』の中で、男女が不倫関係に至り、また関係を更に濃密化させるまでには、共同で「橋」を渡る過程があると書いてます。
 「橋」とは、「お互いのプライベートを話し合う」、「二人っきりでランチをする」、「二人っきりで夜に酒を飲む」などの伏線です。
 そして、衿野さんが言うには、不倫カップルが十年以上の長期にわたり関係を継続させるか否かを占う試金石となるのが、「二人での不倫旅行」という橋を渡るかどうかなんだそうです。
 不倫旅行に行ってしまったら、もう関係を切るのは難しいということです。

 ……どうすればいいのでしょうね。

>このアドバイスにお礼をする(相談者本人のみ)

ピックアップ相談
アドバイスする
あなたが悩んだ経験をアドバイスに役立ててみませんか。

個人情報をご登録いただくことなく、アドバイスできます。
>アドバイスする

ログイン
次回から入力を省略
>パスワードを忘れた方はこちら

アドバイスをされる方でユーザー登録されますと、マイページにて「ご自分のアドバイス一覧」「アドバイスに対するお礼一覧」などを作成することができます。どなたでもユーザー登録は可能です(無料)。

夫婦問題調査室

Copyright (C) 2017 miw.jp All rights reserved.